古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

  • 久々能智神 ありとあらゆる樹木をつかさどる男神 『久々能智神』について、詳しくご紹介致します。
  • 天若日子(あめのわかひこ) 『うつほ物語』などの平安文学に登場するイケメンな神様。『古事記』や『日本書紀』では高天原を裏切った逆賊として書かれています。特に古事記では、葬送の描写としては最古の部類に入る記述として注目されます。
  • 弟橘比売命 夫、倭建命の東征の際、水路を房州へ向かう途中の暴風雨で船が難破の危機に瀕する。弟橘比売命は嵐を鎮めるため、倭建命の身代わりとなり海に入水する。
  • 天照大御神(あまてらすおおみかみ) 高天原に総べる皇祖神。 伊邪那美命に別れを告げた伊邪那岐命が、黄泉の穢れを落とすべく海水で体をお洗いになさったところ、左目から生されたのが天照大御神でした
  • 天児屋命(あまのこやね) 天児屋根命は天岩戸神話や天孫降臨神話など古事記や日本書紀で祭祀を司る神様として登場します。 中臣氏の祖神で有ることでも知られています。
  • 天手力男神(あめのたぢからをのかみ) 天岩戸という話をご存知でしょうか。岩屋戸の中から天照大御神を連れ出した力の神、天手力男神についてご紹介します
  • 天目一箇神(あめのまひとつのかみ) 製鉄・鍛冶神であり、一つ目伝承とも関連がある「天目一箇神」についてご紹介します。
  • 天之御中主神(アメノミナカヌシ) 天地の始まりと共に成した宇宙の根源とされる天之御中主之神。 近代には妙見菩薩と習合されまた、水天宮の主祭となり現在では多くの方に信仰を集めています。
  • 伊邪那岐(イザナギ・イザナキ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那岐について挿絵をつけて詳しく紹介。神世七代の神々の一柱。日本で最初の夫婦神として登場します。 記紀神話では、先に世に成された神々の「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」と使命を受けて多
  • 伊耶那美神(イザナミノカミ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那美について挿絵をつけて詳しく紹介!!
  • 石長姫(いわながひめ) 妹のついでとして送り出され、ブスだと言われ送り返された不憫な女の子、石長姫についてご紹介します
  • 宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ) お稲荷さんとして親しまれる伏見稲荷大社の祀神。 神使である狐と同一視される理由とは…?
  • 鵜葺草葺不合命(うがやぶきあえずのみこと) 鵜葺草葺不合命は、日子稲々手見命の御子神として生まれました。母は海神(わだつみ)の神の娘である豊玉毘売(とよたまびめ)です。豊玉毘売は鵜葺草葺不合命を出産すると直ぐに海へ帰ってしまいましたが、母神の妹である玉依姫によって育てられ、そしてその玉依姫と
  • 宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ) 生命力を神格化した神と言われている宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)についてご紹介します。
  • 大国主命(おおくにぬしのみこと) 大国主に関わる伝説、神話は非常に多種多様に存在します。今回は、『古事記』、『日本書紀』を基軸に据えて大国主の神としての成長、そして国造り、国譲り、その後の大国主の伝説について様々な史料から見てみましょう。
  • 大年神(おおとしがみ) 毎年正月に各家にやってくる来方神。 建速須佐之男命と神大市比売の間に生まれた年を司る神様です
  • 大禍津日神(オオマガツヒ) イザナギが禊を行った垢から生まれたというオオマガツヒ。その由来から後に厄除けの神として信仰を集めています。
  • 大物主神 日本でも屈指の古社、大神神社の御祭神、大物主神。国の守護神である一方で、祟りなす強力な神とされており日本神話などでもしばしば大物主神の祟りとする神話があります。また、大国主命の和魂とされており、大国主命ともに国作りを完成させた神です。
  • 大山昨神 日吉大社、松尾大社で祀られている山の神様「大山昨神」。あの最澄も信仰した神様?なぜ山の神様なのにお酒の神様?そもそも大山昨神ってどんな神様?そんな神様をご紹介します。
  • 大山津見神(おおやまづみのかみ) 山の神様として各地にお祭りされている大山津見神は様々なご神徳がありますが、実は天皇の寿命を縮めてしまう原因の一端を作った神様でもあります。