民間信仰

民間信仰

  • 七福神(しちふくじん) お正月になると目にする七柱の神仙や宝船。開運おみくじをひいたら縁起物がついてくるなんてことも。これらにはどんな意味があるのでしょうか。縁起物として名高い七福神をご紹介します
  • 八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと) 出雲の『国引き神話』をご存知ですか? 出雲独自の雄大な世界観を表す神様です。
  • 菅原道真 全国の天満宮にて学業成就や合格祈願の神様としてお祀りされ、「天神さん」と呼ばれ親しまれている菅原道真についてご紹介します。
  • 秋葉権現(あきはごんげん) 火防の神として明治以前まで人々に信仰されてきた秋葉権現。あの有名な都市の名前の由来にもなった天狗はどのような存在だったのでしょうか?
  • 愛宕権現 太郎坊として有名な愛宕権現。そして天狗の代表格とも知られています。あなたは天狗のことをどれくらい知っていますでしょうか? そして、愛宕権現はなぜ「太郎坊」という名前なのでしょうか。やおよろずの連載企画「天狗」第一弾です。
  • 天目一箇神(あめのまひとつのかみ) 製鉄・鍛冶神であり、一つ目伝承とも関連がある「天目一箇神」についてご紹介します。
  • アラハバキ 謎の神アラハバキをイラスト付きでご紹介。様々な説があるため、謎の神とも言われるアラハバキは、どのような神なのでしょうか。代表的な四つの説について見ていきます。
  • 飯綱権現(いづなごんげん) 飯綱山より信仰が始まった飯縄権現。 神仏習合などの影響を受けながらも独自の信仰を守ってきました。 中でも管狐を使う飯綱法は多くの武士や忍者を魅了し信仰を集めました。
  • 氣吹戸主(いぶきどぬし) 大祓祝詞に登場する氣吹戸主神をご紹介します。強い風を起こして、罪穢れを祓い清める役割の神様です。
  • 温羅(うら・おんら) 岡山に伝わる「温羅伝説」に登場する鬼王はただ単に悪い王ではなく、吉備にあるものをもたらしてくれました。温羅の姿をご紹介します。
  • オシラサマ オシラサマは、東北地方で広く信仰されている家の神であり、蚕神とされる。 主に村の旧家などに祀られていて、生活に深く浸透している神である。
  • 竈神(かまどがみ) 火除け、火伏せ、ひいては家内安全、お家繁盛の神様として、手厚い信仰を受ける「かまどの神様」を紹介いたします。
  • 吉備津彦命 桃太郎と言えば、岡山。岡山と言えば桃太郎。けど、なんで桃太郎は岡山? 実は、ちゃんとモデルがあったのです。そのモデルとなった神様、吉備津彦命の紹介です。
  • 九頭龍大神 強力な開運のご利益を誇る『九頭龍大神』。全国各地に伝承を持ち、ある時は悪役、またある時は善神となる……その正体とは?
  • 早良親王 暗殺事件の嫌疑をかけられ無念のうちに死んでいった早良親王。死後、怨霊として恐れられ、「崇道天皇」の位を贈られました。
  • 崇徳天皇(すとくてんのう) 日本三大怨霊の一つとして数えられる崇徳天皇。天皇として、上皇としての人生と、その後なぜ怨霊として現在まで知られるようになったかを紐解いていきます。
  • 諏訪大明神 諏訪の地で信仰されている諏訪大明神について、イラスト付きで詳しく解説いたします。
  • 瀬織津姫命(せおりつひめ) 清らかな早川の織りなす瀬にいらっしゃる瀬織津姫。 6月末と12月末に行われる大祓神事であげられる大祓詞に登場する祓戸四神の一柱で山に降り注いだ罪や穢を清めながら海へ運ぶ神様として知られています。
  • ダイダラボッチ 関東地方や中部地方に広く伝わっている巨人伝説は、すべてダイダラボッチによって起こされたものだと伝えられています。国民的アニメーション作品にも登場したダイダラボッチとはいったいどのような巨人だったのでしょうか。
  • 高雄内供奉(たかおないぐぶ) 高名な僧として知られる真済は、死後天狗として人々の目の前に姿を見せます。なぜそのようなことになったのでしょうか? そして、人間としての「真済」とはいったい何者だったのか?