• メンバー紹介 メンバー紹介|やおよろず-日本の神様辞典-を書いてるメンバーを紹介するページです。
  • 天児屋命(あまのこやね) 天児屋根命は天岩戸神話や天孫降臨神話など古事記や日本書紀で祭祀を司る神様として登場します。 中臣氏の祖神で有ることでも知られています。
  • 天之御中主神(アメノミナカヌシ) 天地の始まりと共に成した宇宙の根源とされる天之御中主之神。 近代には妙見菩薩と習合されまた、水天宮の主祭となり現在では多くの方に信仰を集めています。
  • 邇邇芸命(ニニギノミコト) 天照大御神と高木神から葦原千五百秋瑞穂を治めるように詔を受けた邇邇芸命。 天孫降臨の神様として記紀や風土記などの神話にも登場する神様です。
  • 饒速日命(ニギハヤヒ) 十種の神宝を携え天磐船に乗って河内国に降臨された天孫 饒速日命。 物部氏、穂積氏、熊野国造ら有力な豪族の祖神としても有名で呪術の神様として信仰を集めます。
  • 両面宿儺(りょうめんすくな) 頭が二つあり、手足が四本あったいわゆる異形といわれた両面宿儺。大和朝廷に敵対した豪族として描かれていますが、実は文字通りの「二つ目の顔」があります。