• メンバー紹介 メンバー紹介|やおよろず-日本の神様辞典-を書いてるメンバーを紹介するページです。
  • 伊邪那岐(イザナギ・イザナキ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那岐について挿絵をつけて詳しく紹介。神世七代の神々の一柱。日本で最初の夫婦神として登場します。 記紀神話では、先に世に成された神々の「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」と使命を受けて多
  • 石長姫(いわながひめ) 妹のついでとして送り出され、ブスだと言われ送り返された不憫な女の子、石長姫についてご紹介します
  • 温羅(うら・おんら) 岡山に伝わる「温羅伝説」に登場する鬼王はただ単に悪い王ではなく、吉備にあるものをもたらしてくれました。温羅の姿をご紹介します。
  • 大物主神 日本でも屈指の古社、大神神社の御祭神、大物主神。国の守護神である一方で、祟りなす強力な神とされており日本神話などでもしばしば大物主神の祟りとする神話があります。また、大国主命の和魂とされており、大国主命ともに国作りを完成させた神です。
  • 吉備津彦命 桃太郎と言えば、岡山。岡山と言えば桃太郎。けど、なんで桃太郎は岡山? 実は、ちゃんとモデルがあったのです。そのモデルとなった神様、吉備津彦命の紹介です。
  • クンネチュプ(月神) 天地が創られたとき、たくさんの神々も生まれた。 月神・クンネチュプ、日神・ペケレチュプも、そのときに生まれた神である。
  • 健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 三貴子の末っ子、健速須佐之男命のご紹介。 最初は泣き虫な大男だった!? イラスト付きで解説します!
  • 道祖神 村の入り口にぽつんとたたずむ一見ふつうの石。夫婦を象った石像。謎の鳥居と社。木にかけられた草履や草鞋。それらすべて、私たちを色んなものから守ってくれる神様、道祖神かもしれません。道の神様、道祖神を紹介します。
  • 蛭子(ヒルコ・エビス) 七福神・恵比寿は、親に捨てられた子だった!? 生い立ちから、恵比寿様が歩んできた道をイラスト付きでご紹介。
  • ミサキ(御先) 動物の姿で現れる神様のお使い。突然襲ってくる体調不良。7人の集団亡霊。これらはぜんぶ「ミサキ」と言います。 霊的存在の総称「ミサキ」を詳しく紹介します。