古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

闇龗神(クラオカミ)

闇龗神(クラオカミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラオカミ
【別名】
闇淤加美神(クラオカミのかみ)、龗神・淤加美神・意加美神(オカミのかみ)、高龗神(タカオカミのかみ)など

【ご神徳】
祈雨・止雨、潅漑・治水、舟運、酒造、商売繁盛、縁結びなど

【継続】
火之迦具土神(イザナギが迦具土神を斬り殺した際にしたたり落ちた血から生まれたとされる)、日河比売(娘/スサノオやオオクニヌシの系譜に連なる神)

【鎮座】
貴船神社(京都府京都市ほか)、丹生川上神社下社(奈良県吉野郡)、深見神社(神奈川県大和市)、榛名神社(群馬県高崎市)など

【解説】

豊かな水を称える神名

『龗(おかみ)』の字は龍蛇を表す古語で、「水の湧き出るところ」という意味もあります。
『闇(くら)』は日の光のめったに届かないような山の谷間を指し、上記と合わせて暗い谷から湧き出る川の姿が想像されます。
闇龗神の別名とされる『高龗神(タカオカミのかみ)』の『高』は日光の降り注ぐ山の高いところを意味するので、山の高低を潤す二神は同一の存在であるとも、対の神であるとも言われます。

誕生譚から読み取る古代人を巡る環境

闇龗神(古事記では闇淤加美神)の誕生の様子は古事記で次のように語られます。

多くの神々を生んだイザナミは最後に火の神・カグツチを生みました。しかしその時に女性器に火傷を負い、病気になってしまいます。
イザナミの吐瀉物からは鉱山の神が生まれ、糞からは粘土の神が、尿からは水の神と生産を司る神が生まれましたが、イザナミはついに死んでしまいました。
(中略)
妻の死を嘆いた夫イザナギは、剣でもってカグツチの首を斬ります。
その時飛び散った血から石切の神、伐採の神、剣の神、雷の神などが生まれ、剣の柄についた血がイザナギの指から流れ落ちて闇淤加美神と闇御津羽神(クラミツハの神/水神)が誕生しました。
カグツチの死体からは山の神が八柱成りました。

火の神の誕生をきっかけに多くの神々が生まれますが、これらは全て古代人と火との関係を表していると言われます。
人間が火を手に入れたことで鉱山を開拓し、様々な道具を作り、あらゆる生産業が発展しました。その様子が神々の誕生に重ねられているのです。
それまでたどり着くことが困難だった山奥の川も、松明や火で作った道具があったからこそ見出だすことが出来たのでしょう。
また、荒ぶる炎を鎮めるために延々と湧き出る水の力を求めたのだとも考えられます。

水が生み成すさまざまな御利益

水は生命の源であり、あらゆる産業に必要不可欠なものです。
稲作はもちろん、酒作りにも上質な水が求められるため闇龗神は酒造の御利益も有しています。
また昔は船による移動が盛んであったため、舟運をも司りました。
川辺にたくさんの船が集まると、人々の交流も生まれます。なので闇龗神を縁結びの神様と捉えている神社もあります。

■この神様に関連する主な神話
国生み-黄泉の国-
【挿絵解説】
カグツチの血から生じた神と言うことで、髪に赤い血をイメージした模様を入れました。水の神ですので下半身は水、液体っぽくしてます。ミルクドレスみたいな感じですね。

「龗」は竜を意味する古語なので頭に角があります。あと目も爬虫類っぽく。鱗もやろうかと思いましたがやりすぎ感あるのと以前、竜娘は描いたので角だけです。
【参考資料】
(文章参考)『古事記』『日本書紀』『貴船神社 社記』
(挿絵参考)『古事記』『日本書紀』参考書籍「日本神さま事典」「東洋神名事典」