民間信仰

民間信仰

道祖神

道祖神

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dousosin
【別名】
船戸さん、塞(賽)の神、サエ(イ)ノカミ、サヤンカミ、サヤノモト、岐(ふなと)の神など多数

【ご神徳】
多産、豊穣、夫婦の守り神、妊娠の神、行路の神、旅の神、手足や咳の病を癒す神、子守りの神など多数

【伝承地】
長野県に多く、全国で見られる。

【継続】
不明

【鎮座】
村の入り口、村境、峠、橋などのたもと。社がある場合もある。

【解説】

地域色の濃い神様

道祖神は、全国に共通する部分がありながら、各地域で姿も祭りも呼び名も神徳も異なります。ある地域では自然の石を道祖神と呼び祀る一方、ある地域では藁の人形を道祖神と呼び、またある地域では夫婦を象った石像、男女の性器を象った石像、大草鞋などと様々です。夫婦の石像はおおよそ江戸時代中期の頃のものが多いようです。

古事記や日本書紀には、黄泉の国から襲ってくる鬼を防いだ道返之大神(塞れる石)や、天孫降臨の際に先導を担った猿田彦などが記されています。そういった記紀に登場する道の神様や、その他村に伝わる伝承など色んなものが習合したのが道祖神です。ありとあらゆる俗信仰を引き受けた神様で、神徳も山ほどあるのが特徴です。

自然石型、性器型、藁人形型

自然石、男女の性器を象ったものが祀られる形は全国で見られますが、東北地方は男根を象った道祖神が多く、秋田県では道祖神は妊娠の神、金勢様などと呼ばれています。近年新しく作製されたものでは、温泉の浴槽に大小数十本の男根を浮かせ、不妊症を抱えた者がこの金勢様で腹をさすることによって妊婦願望が達成されると言わています。これもまた一種の道祖神と分類されています。

山形県では「ドログズンサマ」と呼び、耳ダレの病を治してくれる神様として信仰されています。
岩手地方では、山林などには塞の神の祠を建て、火から守る神様として祀られています。身長およそ1mほどの藁人形が、魔除けのために農道の一角に立っています。男根が誇張された藁人形も見られます。

夫婦型

円満な夫婦を象ったものが祀られる形も全国で見られますが、関東地方が特に多いです。呼び名は「ドウロクさま」が多く、猿田彦を祖神とするものも多いです。
関東地方の中で数が最も多いのは群馬県で、県内には500を超える像があると言います。群馬県では仲良く手をつなぐ夫婦を象った像がよく見られるのが特徴です。他にも、肩を組んだ夫婦、抱き合った夫婦など様々な道祖神が見られます。

茨城県に伝わる道祖神は姿がとても醜いと伝えられています。「顔の醜い道祖神は顔が醜くてお嫁さんが来ない。だから大根を供える」「道祖神は一本足で醜い姿をしている。弁天さまに片思いをしたけれど、なかなか思いがかなわない。だから、道の端で弁天さまが来るのを待っている」などという言い伝えがあります。

草履・草鞋型

藁で作った大きな草履や草鞋を道祖神として祀る形も全国で見られますが、四国地方が特に盛んです。
愛媛県宇和島市平浦では、正月20日のお日待ちの日、片方だけの大草履と注連縄を作り、札を受け、「鬼のアシナカ」と呼ぶ大草履を各部落の入り口に祀ります。また、東宇和郡では正月16日に村祓いが行われ、大草履を作り、尾根の松の木や竜王様のところにかけて祀ります。

昔、悪霊が村に入り込もうとした時に一本足の大男の姿をした山の神が悪霊を追い払ってくださった。そのため片足神の片方の足を祀っていると伝えられています。他の村からやってくる悪霊を追い払ったという点から道祖神にあたる神様として分類されています。

高知県も愛媛県と同じく、片足の神様として道祖神を信仰しています。
香川県では道祖神は咳の神様として信仰されています。この神に「はったい粉」をそなえて、かわりに神様に咳をしてもらいます。「はったい粉」の他に草履をそなえることもあります。

【挿絵解説】
道祖神=道端で見かける寄り添う夫婦の石像という一般的なイメージをモチーフに描かせて頂きました。また村の守り神である一面から、「結界を張る」ような構図にしてみました。