民間信仰

民間信仰

速佐須良比売(はやさすらひめ)

速佐須良比売(はやさすらひめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やおよろずはやさすら
【別名】
速佐須良比咩

【ご神徳】
大祓、罪・穢れを祓う

【伝承地】
なし

【継続】
不明

【鎮座】
日比谷神社(東京都港区)、佐久奈度神社(滋賀県大津市)、地主神社(京都府京都市)
、そのほか全国の祓戸社など

【解説】

大祓の大トリ・速佐須良比売

6月末と12月末に各地の神社で『大祓(おおはらえ)』の神事が執り行われます。
この神事は半年の間に知らず知らず身に積もった罪や穢れを祓うものですが、この際に『大祓詞(おおはらえことば)』というとても長い祝詞が神職によって奏上されています。
大祓詞には罪・穢れを祓ってくださる四柱の神『祓戸神(はらえどのかみ)』が登場しますが、その大トリを務めるのが速佐須良比売です。
地上にある罪や穢れが川の瀬織津比売、海の速開都比売、喉元の気吹戸主へと順々に運ばれたあと、最後に地下に住まう速佐須良比売のもとへ届きます。

根国底国に坐す速佐須良比売と云ふ神 持佐須良ひ失ひてむ
此く佐須良ひ失ひてば 罪と云ふ罪は在らじと 祓給ひ清給ふ事を
天つ神国つ神八百万神等共に聞食せと白す

「根の国・底の国にいらっしゃる速佐須良比売という神が、(罪・穢れを)持ち出しさすらって無くしてくださるだろう。このようにさすらって無くしてしまったならば、罪という罪は無くなるだろうと、祓い清めてくださる事を天つ神も国つ神も、八百万の神々もお聞き届けください……と申し上げます」
読み上げると5分以上もかかる大祓詞は、上記のように締めくくられます。
速佐須良比売はそのお名前通り、気吹戸主から勢いよく送られた罪・穢れをその勢いを保ったまま持ち出しさすらって無くすことで、私たちと地上の罪・穢れを祓ってくださるのですね。

大祓詞以外のお話は?

有名な祝詞に登場する重要な神様にも関わらず、不思議なことに速佐須良比売のお名前は他のお話には見えません。
しかし江戸時代の国学者・本居宣長は、『根の国底の国』という言葉から出雲神話に出てくる『須勢理毘売(すせりびめ)』と同じ神様ではないかと関連付けました。
須勢理毘売のお話を簡単にご紹介します。

出雲の大穴牟遅神(おおなむぢのかみ/大国主神の別名)は、他の兄弟を出し抜いて美しい女神との結婚を決めたことから兄弟たちの嫉妬を買い、命を狙われていました。
なんとか追っ手を振り切り逃げ着いた先は『根の堅州国(ねのかたすのくに)』でした。
そこで大穴牟遅は須勢理毘売という女神と出会い、一目惚れし、すぐさま結婚しました。
須勢理毘売の父・須佐之男命(すさのをのみこと)に挨拶申し上げたところ、須佐之男は大穴牟遅を屋敷の一室に呼び入れます。
しかし、なんとそこは蛇がうじゃうじゃいる部屋ではありませんか!
困っている夫に須勢理毘売は『蛇の領巾(ひれ/スカーフのようなもの)』を手渡し、大穴牟遅がそれを3回振ると蛇はおとなしくなりました。
翌日、須佐之男は婿をムカデと蜂がたくさんいる部屋へ通しました。
須勢理毘売は前日と同じように『ムカデと蜂の領巾』を夫に差し出し、事なきを得ました。
(後略)

根の国にいらっしゃるという点、お名前の類似点、また問題を解決する力をお持ちであるという点から、「速佐須良比売=須勢理毘売」という説はとてもしっくりくるように思います。

罪・穢れの行き着く場所

速佐須良比売のいらっしゃる『根の国底の国』とは、土の中の地下世界のことです。
不要になったものを捨てる場所でもありますが、同時に『死者の国』という側面もあります。
古代日本では死者を地中に埋めていましたから、草木の根が這う地下世界に霊魂が住んでいると考えたのでしょう。
罪・穢れが最終的にこの死者の国にたどり着くということを文字通り「葬り去る」と読むべきか、「祖先神にお祓いをお任せする」と解釈するべきか……まだ見ぬ世界であるだけに様々に想像できそうです。

【挿絵解説】
穢れをさすらい消し去ってくださる神様とのことだったので、飄々と穢れを持ち去るイメージで描きました。
【参考資料】
(文章参考)大祓詞、古事記、大祓詞後釈
(挿絵参考)