古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 伊耶那美神(イザナミノカミ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那美について挿絵をつけて詳しく紹介!!
  • 鹿屋野比売神(かやのひめ) 太古より広大で豊かな土地の神様、家宅を守る屋根の神様として信仰を集めてきた>鹿屋野比売神。 現在は煙草の神様、漬物の神様としてもよく知られています。
  • 八十禍津日神(やそまがつひ) イザナギが禊を行った垢から生まれたというヤソマガツヒ。その由来から後に厄除けの神として信仰を集めています。
  • 木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと) 日本神話に登場する天孫・邇邇芸命の妻となった木花之佐久夜毘売命について、かわいいイラスト付きで詳しく紹介!
  • 邇邇芸命(ニニギノミコト) 天照大御神と高木神から葦原千五百秋瑞穂を治めるように詔を受けた邇邇芸命。 天孫降臨の神様として記紀や風土記などの神話にも登場する神様です。
  • 天児屋命(あまのこやね) 天児屋根命は天岩戸神話や天孫降臨神話など古事記や日本書紀で祭祀を司る神様として登場します。 中臣氏の祖神で有ることでも知られています。
  • 石長姫(いわながひめ) 妹のついでとして送り出され、ブスだと言われ送り返された不憫な女の子、石長姫についてご紹介します
  • 伊邪那岐(イザナギ・イザナキ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那岐について挿絵をつけて詳しく紹介。神世七代の神々の一柱。日本で最初の夫婦神として登場します。 記紀神話では、先に世に成された神々の「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」と使命を受けて多

古事記・日本書紀の神様一覧へ