古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 天目一箇神(あめのまひとつのかみ) 製鉄・鍛冶神であり、一つ目伝承とも関連がある「天目一箇神」についてご紹介します。
  • 天若日子(あめのわかひこ) 『うつほ物語』などの平安文学に登場するイケメンな神様。『古事記』や『日本書紀』では高天原を裏切った逆賊として書かれています。特に古事記では、葬送の描写としては最古の部類に入る記述として注目されます。
  • 饒速日命(ニギハヤヒ) 十種の神宝を携え天磐船に乗って河内国に降臨された天孫 饒速日命。 物部氏、穂積氏、熊野国造ら有力な豪族の祖神としても有名で呪術の神様として信仰を集めます。
  • 健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 三貴子の末っ子、健速須佐之男命のご紹介。 最初は泣き虫な大男だった!? イラスト付きで解説します!
  • 玉祖命(たまのやのみこと) 三種の神器である「八尺瓊勾玉」を作った神様として知られる玉祖命。 玉作りの神様として信仰を集めており玉造部、玉祖連など宮中に従った玉作り職人たちの祖神でもあります
  • 伊耶那美神(イザナミノカミ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那美について挿絵をつけて詳しく紹介!!
  • 八幡大神(応神天皇) 第15代天皇応神天皇。 全国に4万社あると言われる八幡社の主祭神であり八幡大神や八幡大菩薩として知られます。 八幡大神は、武家の神、託宣の神、国家鎮護の神など武家から朝廷、庶民にまで広く信仰されている神様です 承久記には「日本国の帝位は伊
  • 御倉板挙之神(ミクラタナのかみ) イザナギからアマテラスへ受け継がれた美しい玉の首飾り。その宝玉の役割とは……?

古事記・日本書紀の神様一覧へ