古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 大禍津日神(オオマガツヒ) イザナギが禊を行った垢から生まれたというオオマガツヒ。その由来から後に厄除けの神として信仰を集めています。
  • 常世神 大生部多が勧め、民間信仰として人気を得た「常世神信仰」。その成り立ちと衰退について、イラスト付きでご紹介いたします。
  • 大国主命(おおくにぬしのみこと) 大国主に関わる伝説、神話は非常に多種多様に存在します。今回は、『古事記』、『日本書紀』を基軸に据えて大国主の神としての成長、そして国造り、国譲り、その後の大国主の伝説について様々な史料から見てみましょう。
  • 久々能智神 ありとあらゆる樹木をつかさどる男神 『久々能智神』について、詳しくご紹介致します。
  • 吉備津彦命 桃太郎と言えば、岡山。岡山と言えば桃太郎。けど、なんで桃太郎は岡山? 実は、ちゃんとモデルがあったのです。そのモデルとなった神様、吉備津彦命の紹介です。
  • 宗像三女神 玄界灘の航海を守り国家から崇敬を受けた宗像三女神について詳しく紹介します。
  • 蛭子(ヒルコ・エビス) 七福神・恵比寿は、親に捨てられた子だった!? 生い立ちから、恵比寿様が歩んできた道をイラスト付きでご紹介。
  • 闇龗神(クラオカミ) 山の谷間に流れる川の神・クラオカミ。水に関することだけでなく、商売繁盛や縁結びの御利益も有しています。

古事記・日本書紀の神様一覧へ