古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

経津主神(ふつぬしのかみ)

経津主神(ふつぬしのかみ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経津主命
【別名】
斎主神、伊波比主神(いずれも「いわいぬしのかみ」)、布津怒志命(「出雲国風土記」)

【ご神徳】
剣術の神、または刀剣の神として有名である

【伝承地】
千葉県香取市(香取神宮)、奈良県奈良市(春日大社)

【継続】
記紀では伊邪那岐が軻遇突智を斬った際に十束剣から滴る血が固まり高天原にある天の安河原のほとりの岩々が出来たとされており、これが祖と言われている。

【鎮座】
香取神宮(千葉県香取市香取)、春日大社(奈良県奈良市)、鹽竃(しおがま)神社(宮城県塩竈市)

【解説】

経津主神の名前の由来及びその正体

・「フツ」は刀剣でモノが断ち切られる様を表しており、刀剣の威力を神格化した神とする説

・神武東征で武甕槌命が神武天皇に与えた布都御魂(ふつのみたま)の剣を神格化したとする説

以上の二つがある。なお後述のように古事記では武甕槌命の別名が建布都神(タケフツ)、豊布都神(トヨフツ)と呼ばれていて、武甕槌命が中心となって葦原中国内定を行うなど、まるで武甕槌命経津主神が同一神であるように記載されている。

武甕槌命と経津主神

経津主神と武甕槌命の記紀によっては活躍がすり替わっていることがある。これは物部氏の奉じる武神が前者で、対する後者は中臣(藤原)氏の奉じる武神だったためである。

物部氏の興隆・衰退と中臣(藤原)氏の興隆に応じて、二柱の活躍が異なって描かれている。

武甕槌命の有名な神話の一つに国譲りの神話が存在するが、古事記での「国譲り」では経津主神の名前は出てこない。ところが日本書紀には国譲りの際に諸神がみな「経津主神がよいでしょう」と提言したのである。そのとき武甕槌命は「どうして経津主神だけが丈夫(ますらお)で自分は丈夫でないのか」と抗議したという。結果、経津主神に副えて(副使として)国譲りにいったとされている。

即ち、前者と後者で矛盾が生じているのである。これは先述した物部氏の衰退及び中臣氏の興隆に伴い、武甕槌命がたった一柱で国譲りを行ったのは後代の創作ではないかと言われることもある。(ちなみに、古事記では武甕槌命が主立って、天鳥船とともに国譲りを行っている。)

そういうこともあってなのかは不明だが、非常に近しい関係にある武甕槌命と経津主神は、同じ神社に祭神とされていることが多い。

経津主神と物部氏

歴史を学んでいる人ならば、「物部守屋」という名前を聞いたことがあるだろう。有力な軍事氏族物部氏の人間で、当時日本に伝来してきた仏教を排斥すべきと唱えた人間である。

物部氏は瓊瓊杵尊よりも先に天孫降臨したとされる饒速日命(ニギハヤヒノミコト)を祖先とする一族である。物部氏の特徴のひとつに広範囲な地方分布が挙げられ、中でも下総物部氏は香取神宮近辺に住んでいたということが記紀に記されている。