古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

石長姫(いわながひめ)

石長姫(いわながひめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩長姫
【別名】
石長比売(古事記)、磐長姫(日本書紀)、岩永姫、木花知流比売など
【ご神徳】
健康長寿、縁結び、安産、海上安全、家内安全など
【伝承地】
静岡県賀茂郡松崎町雲見、静岡県伊東市など
【継続】
大山祇神(父)、木花之佐久夜毘売命(妹)
【鎮座】
雲見浅間神社(静岡県)、大室山浅間神社(静岡県)、伊豆神社(静岡県)、磐長姫神社(兵庫県尼崎氏)など


【解説】

永遠の命の象徴の神

父に大山祇神、妹に木花之佐久夜毘売命を持つ石長姫。その名前の通り、石長姫は石が長い間存在するのと同じように、永遠の命の象徴である神様です。

石長姫は妹のついでに嫁に出された、いわば脇役のような存在として記紀には描かれています。
天照大御神の孫である瓊々杵尊が地上に降り立ち、吾田の笠狭岬で見つけたのは、たいそう美人な妹の木花之佐久夜毘売命。姉の石長姫ではありませんでした。
瓊々杵尊が父である大山祇神に木花之佐久夜毘売命を嫁として迎えたいと申し入れると、大山祇神は大変よろこんで、沢山の贈り物を持たせた木花之佐久夜毘売命と石長姫を瓊々杵尊に妻として差し出しました。
けれど、結局石長姫は送り戻されてしまいます。
何故なら、石長姫の顔が妹とは正反対にあまりにも醜いからでした。
その容貌に恐れをなした瓊々杵尊に、大山祇神はこう言います。

「私の娘2人を貴方様に献上したのは、石長姫を妻にすれば、天つ神の御子の命は、常に石のように不変不動だろう。妹の木花之佐久夜毘売命を妻にすれば、木の花が咲き誇るように栄えるだろうと、誓約をして献上したからです。けれど、貴方様は妹を妻にして、姉はこのように返してしまわれた。誓約した通り、天つ神の御子の命は、木の花のようにはかないものになりましょう。」

また、日本書紀は石長姫本人が瓊々杵尊に「もし貴方様が私を返さずに妻としたのならば、産まれる子供の命は永遠のものだったのに。けれど妹だけを妻として迎え入れてしまった。妹の産む子供は、必ず木の花のように死んで散り落ちてしまうでしょう」と言ったと伝えています。
さらに日本書紀に残された異伝には「石長姫が恥じ恨み、唾を吐き呪い泣いた。人間たちは木の花のようにはかなく衰えるだろうと言い、人間の生命が短くなった」とあります。

石長姫の呪いを恐れる人々、祀る人々

妹のついでのように差し出され、しかも醜い容貌に返されてしまった石長姫の呪いを恐れるような言い伝えも残っています。
石長姫だけを祀る雲見浅間神社が鎮座するのは、伊豆半島の海沿いにある烏帽子山。ここは、石長姫が悲しんで引きこもった場所だというように伝えられています。
また、妹を大変憎み、妹の鎮座する富士山の名を聞くとその年は不作にしてしまうと言い伝えられ、長い間「富士山」は禁句となっていたようです。
けれど、石長姫は決して怖い神様という訳でもなく、海沿いの山に鎮座することから漁師たちの間では海上安全の神として大変厚く信仰されていたり、長寿の神として信仰されています。

社会人類学から見た石長姫

神様が人間に何か2つを選ばせて、人間の死のはじまりを描いた物語(起源神話)は東南アジアやニューギニアを中心とし、世界中にあります。社会人類学者であるジェームズ・フレイザーはこれを「バナナ型神話」と分類していますが、この石長姫と木花之佐久夜毘売命の話も大変似ています。
神様が人間にバナナと石を選ばせ、人間は食べられるバナナを選んでしまう。すると人間はバナナのようにすぐ腐ってしまう体となり死ぬようになってしまった、というのが大まかなあらすじ。
ここでいう石が石長姫、バナナが木花之佐久夜毘売命にあたります。姉妹という点では、旧約聖書の創世記29章、ヤコブの妻であるレアとラケルの説話も同じような内容です。
この姉妹の話は、世界の神話とのつながりや、過去の人間の考えを探ることができる神話です。

■この神様に関連する主な神話

木花咲耶比売

【挿絵解説】
見えそうで見えない感じにしてみました。
【参考資料】
(文章参考)古事記、日本書紀
(挿絵参考)
文章:向日葵塚ひなた
挿絵:やまくじら