古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

玉依姫(タマヨリヒメ)

玉依姫(タマヨリヒメ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玉依姫_comp
【別名】
玉依毘売命、玉依姫

【ご神徳】
発祥・開運・再生などの物事の新しく始まる事象

【伝承地】
広島県世羅郡世羅町、京都府京都市など

【継続】
豊玉姫命(姉)
綿津見大神(親)
鵜葺草葺不合命(夫)
神倭伊波礼琵古命(子)

【鎮座】
玉前神社(千葉県長生群一宮町)
下鴨神社(京都府京都市左京区)
世良八幡神社(広島県世羅郡世羅町)
【解説】

一般呼称

記紀・風土記などに見られる女性の名前を一般的にさす。玉依姫という名前は、霊の依り付く(憑りつく、とも)巫女のことをさし、そこから「神霊の依代」を意味する。
そのため、タマヨリヒメという名前の神及び人間の女性は様々な神話に登場する。
また、全国にタマヨリヒメという名前の神をまつっている神社があり、その多くは

なお、本記事では日本神話の玉依姫を中心に紹介している。

ご神徳について

物事の新しく始まる事象以外にも、人の精神に関わること、縁結びも玉依姫が守護すると言われている。
また、子宝・出産・養育・月の物などといった神秘的な女性の心身作用においても、月の働きをする玉依姫自らの導きによるものと言われており、古くは源頼朝の夫人として有名な北条政子が懐妊した際、安産祈願を玉依姫を祭神とする神社にしたことが広く知られている。

神武天皇の母として

綿津見大神の子であった玉依姫は、姉である豊玉姫から鵜葺草葺不合命の世話をするようにといわれます。
その逸話から、玉依姫は影となり日向となり、赤子を守り育てる乳母神様と、後世の神社にて祀られています。

鵜葺草葺不合命と玉依姫はその後夫婦となり、その間には子供が生まれます。その末子が神倭伊波礼琵古命であり、のちの神武天皇なのです。

■この神様に関連する主な神話

【挿絵解説】
豊玉姫の妹ですので、そちらの挿絵と同様、水中に描いています。
夫に真の姿を見られ海に帰った姉とは逆に、姉の息子の面倒を見るために地上に遣わされたことを踏まえ、明るい水面を見上げている描写にしました。
【参考資料】
(文章参考)古事記、日本書紀、玉前神社祭神のページ
(挿絵参考)古事記 日本書紀