古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

火之迦具土神(ほのかぐつち)

火之迦具土神(ほのかぐつち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kagutuchi
【別名】
軻遇突智、火之炫毘古神(ひのかがびこのかみ)、火之夜芸速男神(ひのやぎはやおのかみ)、火産霊(ほむすび)、火之夜藝速男神(ひのやぎはやをのかみ)火牟須比命(ほむすびのみこと)

【ご神徳】
金属精錬の神、土器の神、消防の神、火の神

【伝承地】
三重県熊野市有馬町

【継続】
伊邪那岐(父)、伊邪那美(母)、武甕槌命(子)、和久産巣日神(子※日本書紀の記述であり古事記では伊邪那美の子となってます。)など


【鎮座】
産田神社(三重県熊野市有馬町)、火男火売神社(大分県別府市)、秋葉山本宮秋葉神社(静岡県浜松市)、愛宕神社(京都府京都市)、愛宕神社(京都府京都市)、その他全国秋葉神社、愛宕神社など

【解説】
国生み神話において伊邪那岐伊邪那美の最後の子として登場する火之迦具土
現代においても火伏せの神として秋葉神社や愛宕神社など多くの神社で祀られています。

名前の由来

火之=火
迦具=輝く
土=超自然的なものをあらわす

つまり、火の輝く神となるのです。

火之迦具土の誕生

火之迦具土は、神生みにて伊邪那岐伊邪那美の最後の子として産まれます。
しかし、火の神である火之迦具土を産んだ伊邪那美は女陰を焼かれてしまい死んでしまいます。

それに嘆き悲しみ怒った伊邪那岐は、天之尾羽張という十握りもある剣で火之迦具土の首をはねてしまわれるのです。

火之迦具土の出生地は、産田神社(三重県熊野市有馬町)とされています。

火之迦具土から生した神々

火之迦具土の死体からは火の神様、山の神様、剣の神様など様々な神様が生されました。

天之尾羽張の先端からの血が岩石に落ちて生した神様は石折神、根折神、石筒之男神の3柱。
天之尾羽張の刀身の根本からの血が岩石に落ちて生した神様は甕速日神、樋速日神、建御雷神の3柱。
天之尾羽張の柄からの血より生した神様は、闇淤加美神、闇御津羽神の2柱。
火之迦具土の頭からは、正鹿山津見神。
火之迦具土の胸からは、淤縢山津見神。
火之迦具土の腹からは、奥山津見神。
火之迦具土の左手からは、志藝山津見神。
火之迦具土の右手からは、羽山津見神。
火之迦具土の陰部からは、闇山津見神。
火之迦具土の左足からは、原山津見神。
火之迦具土の右足からは、戸山津見神。

以上、16柱の神様が火之迦具土の死によって生されています。

火之迦具土と神仏分離令

明治維新後の神仏分離令が公布されてからは愛宕太郎坊天狗や秋葉山三尺坊大権現に変わり愛宕神社と秋葉神社の神となられます。

■この神様に関連する主な神話
古事記 黄泉国

文章:和術師
挿絵:伊助