民間信仰の神様

民間信仰の神様

民間信仰

民間信仰の神様について

日本には土地土地によって様々な土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております。これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

  • 八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと) 出雲の『国引き神話』をご存知ですか? 出雲独自の雄大な世界観を表す神様です。
  • ミシャグジ 諏訪に根付く謎の神、ミシャグジ神についてイラスト付きで詳しくご紹介致します。縄文からの信仰が色濃く残ると言われるミシャグジ神。古事記や日本書紀にも出てくる天孫降臨のもう一つのお話とは・・・!
  • 秋葉権現(あきはごんげん) 火防の神として明治以前まで人々に信仰されてきた秋葉権現。あの有名な都市の名前の由来にもなった天狗はどのような存在だったのでしょうか?
  • 竈神(かまどがみ) 火除け、火伏せ、ひいては家内安全、お家繁盛の神様として、手厚い信仰を受ける「かまどの神様」を紹介いたします。
  • ミサキ(御先) 動物の姿で現れる神様のお使い。突然襲ってくる体調不良。7人の集団亡霊。これらはぜんぶ「ミサキ」と言います。 霊的存在の総称「ミサキ」を詳しく紹介します。
  • 愛宕権現 太郎坊として有名な愛宕権現。そして天狗の代表格とも知られています。あなたは天狗のことをどれくらい知っていますでしょうか? そして、愛宕権現はなぜ「太郎坊」という名前なのでしょうか。やおよろずの連載企画「天狗」第一弾です。
  • 常世神 大生部多が勧め、民間信仰として人気を得た「常世神信仰」。その成り立ちと衰退について、イラスト付きでご紹介いたします。
  • 温羅(うら・おんら) 岡山に伝わる「温羅伝説」に登場する鬼王はただ単に悪い王ではなく、吉備にあるものをもたらしてくれました。温羅の姿をご紹介します。

民間信仰の神様一覧へ