民間信仰の神様

民間信仰の神様

民間信仰

民間信仰の神様について

日本には土地土地によって様々な土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております。これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

  • 常世神 大生部多が勧め、民間信仰として人気を得た「常世神信仰」。その成り立ちと衰退について、イラスト付きでご紹介いたします。
  • 辰子姫命(タツコヒメミコト) 今も田沢湖に棲むという龍神・辰子姫。その美しい伝説と物語を、イラスト付きで詳しくご紹介致します。
  • 蛭子(ヒルコ・エビス) 七福神・恵比寿は、親に捨てられた子だった!? 生い立ちから、恵比寿様が歩んできた道をイラスト付きでご紹介。
  • 夜刀神(やとのかみ) 風土記に登場する神様、夜刀神をイラスト付きでご紹介。茨城県に伝わる蛇神、夜刀神。その名前の由来と、その逸話について紐解いていきます。
  • ミシャグジ 諏訪に根付く謎の神、ミシャグジ神についてイラスト付きで詳しくご紹介致します。縄文からの信仰が色濃く残ると言われるミシャグジ神。古事記や日本書紀にも出てくる天孫降臨のもう一つのお話とは・・・!
  • 諏訪大明神 諏訪の地で信仰されている諏訪大明神について、イラスト付きで詳しく解説いたします。
  • 道祖神 村の入り口にぽつんとたたずむ一見ふつうの石。夫婦を象った石像。謎の鳥居と社。木にかけられた草履や草鞋。それらすべて、私たちを色んなものから守ってくれる神様、道祖神かもしれません。道の神様、道祖神を紹介します。
  • 崇徳天皇(すとくてんのう) 日本三大怨霊の一つとして数えられる崇徳天皇。天皇として、上皇としての人生と、その後なぜ怨霊として現在まで知られるようになったかを紐解いていきます。

民間信仰の神様一覧へ