民間信仰の神様

民間信仰の神様

民間信仰

民間信仰の神様について

日本には土地土地によって様々な土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております。これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

  • ミサキ(御先) 動物の姿で現れる神様のお使い。突然襲ってくる体調不良。7人の集団亡霊。これらはぜんぶ「ミサキ」と言います。 霊的存在の総称「ミサキ」を詳しく紹介します。
  • 吉備津彦命 桃太郎と言えば、岡山。岡山と言えば桃太郎。けど、なんで桃太郎は岡山? 実は、ちゃんとモデルがあったのです。そのモデルとなった神様、吉備津彦命の紹介です。
  • 八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと) 出雲の『国引き神話』をご存知ですか? 出雲独自の雄大な世界観を表す神様です。
  • 早良親王 暗殺事件の嫌疑をかけられ無念のうちに死んでいった早良親王。死後、怨霊として恐れられ、「崇道天皇」の位を贈られました。
  • 氣吹戸主(いぶきどぬし) 大祓祝詞に登場する氣吹戸主神をご紹介します。強い風を起こして、罪穢れを祓い清める役割の神様です。
  • ダイダラボッチ 関東地方や中部地方に広く伝わっている巨人伝説は、すべてダイダラボッチによって起こされたものだと伝えられています。国民的アニメーション作品にも登場したダイダラボッチとはいったいどのような巨人だったのでしょうか。
  • 竈神(かまどがみ) 火除け、火伏せ、ひいては家内安全、お家繁盛の神様として、手厚い信仰を受ける「かまどの神様」を紹介いたします。
  • 飯綱権現(いづなごんげん) 飯綱山より信仰が始まった飯縄権現。 神仏習合などの影響を受けながらも独自の信仰を守ってきました。 中でも管狐を使う飯綱法は多くの武士や忍者を魅了し信仰を集めました。

民間信仰の神様一覧へ