古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

櫛名田比売命(くしなだひめ)

櫛名田比売命(くしなだひめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kusinada
【別名】
奇稲田姫(読み同一・「日本書紀」)

【ご神徳】
稲田の神、ひいては豊穣の神といわれる

【伝承地】
島根県仁多郡奥出雲町など

【継続】
スサノオ(夫)、大国主(子供或いは子孫)、アシナヅチ・テナヅチ(父母)

【鎮座】
稲田神社(茨城県笠間市)、氷川神社(埼玉県さいたま市・ほか各地)ほか。

【解説】

名前の由来

クシナダヒメは奇稲田姫或いは櫛名田比売と書かれる。
前者の場合、「クシ」を「霊妙、素晴らしい」ととり、続く「ナダ」は稲田を示しているとして、即ちクシナダヒメは豊穣・豊かな稲田を象徴する女神である。
後者の場合、原文中で「湯津爪櫛にその童女をを取り成して[1]」とあり、クシナダヒメ自身が櫛に変えられたと解釈出来ることから、「クシになったヒメ→クシなったヒメ→クシナダヒメ」という言葉遊びめいた説、櫛の時を当てたことからクシナダヒメは櫛を挿した巫女であり、ヤマタノオロチは川の神で、それに仕えていたのではないかという説がある。
さらに、父母がテナヅチ・アシナヅチであり漢字で示すと手摩霊・足摩霊となり、これらは「手足を撫でる(摩る)」意味を持つことから、「撫でるように大切に育てられた姫」との解釈もあることから、大和撫子(倭撫子)の語源であるともいわれている。

*1……「取り成す」:別のものに変える、作り変える、変身させる

ヤマタノオロチ伝説

さて、クシナダヒメという名前で思い浮かぶものといえばヤマタノオロチ伝説だろうか。ヤマタノオロチとは日本神話に登場する伝説の生き物のことである。古事記や日本書紀でその伝説には違いがあるが、どちらにもクシナダヒメは登場する。
古事記でも日本書紀でも大まかな話は変わっておらず、クシナダヒメは最終的にスサノオの嫁となっている。これについての記述は長くなるため、いつか辞典にヤマタノオロチの項ができることを祈って割愛する。

神徳と祭神

クシナダヒメは稲田の神として信仰されており、全国の氷川神社を始め、様々な神社で祀られている。しかしながら、多くの神社では夫のスサノオと子孫(或いは子)の大国主と共に祀られている。
因みに茨城県笠間市にある稲田神社は唯一クシナダヒメのみを祀っている神社となっている。

(参考)日本書紀、古事記、茨城県神社庁による「稲田神社」ホームページ

■この神様に関連する主な神話
八岐大蛇神話「古事記」

文章:巫夏希
挿絵:あんみつ様(ゲスト)