古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

少彦名命(スクナヒコナ)

少彦名命(スクナヒコナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクナヒコ
【別名】
少名毘古那神 須久奈比古命 久斯神(くしのかみ) 須久奈比古命 小名牟遅神

【ご神徳】
医療の神 酒造の神 温泉の神 国土平安 産業繁盛 航海守護 縁結び

【伝承地】
美保神社(御大之御前)
熊野大社(熊野之御碕)
粟嶋神社(淡嶋)
道後温泉

【継続】
神産巣日神(カミムスビノカミ/親・独神なので性別なし)

【鎮座】
少彦名神社
酒列磯前神社
粟嶋神社

※少彦名神単独で祀られることは少なく、大国主神と一緒に祀られるか、あるいは大国主を祀る神社の摂社などとして祀られている場合が多い。

【解説】

大国主のパートナーとして現れた小さな神様

大国主神が出雲の御大之御前(みほのみさき、現在の美保岬)にいるときに、飛沫立つ波頭を伝い、天の羅摩船(ガガイモの船)に乗りヒムシ(蛾)の皮を身にまとってやって来る小さな神様がいました。大国主神は名前を聞きましたが、答えません。他の神々にも尋ねましたが皆、その神様のことを知りませんでした。そこで、ヒキガエルが「この神様については久延毘古(クエビコ/かかしのこと)なら必ず知っているでしょう」と言ったので、久延毘古を呼び訊いたところ、彼は「この神様は神産巣日神の子、少彦名神です」と大国主に申し上げました。そこで、大国主は神産巣日神に申し上げると「確かにこの神様は私の手のひらの指の間から生まれた子どもです。あなたたちは兄弟になって、葦原中国をおさめなさい」と仰っいました。そこで、二人は国々をまわり、稲や粟の栽培方法や鳥獣や昆虫の害から穀物を守るためのまじないの法を定め、国づくりを行いました。

また、二人はたいそう仲が良く、播磨国風土記、神前の郡の項では国づくり中のこのようなエピソードが見られます。

大国主神と少彦名神が「ハニ(粘土、赤土)の荷を肩にかついで遠く行くのと、屎(大便)をしないで遠く行くのと、このふたつのこと、どちらができるだろうか」と言い争われました。
大国主神は「私は屎をしないで行こうと思う」と仰り、少彦名神は「私はハニの荷を持って行こうと思う」と仰いました。何日か経って大国主神は「私はもうがまんできない」と仰ったとたん、その場にしゃがんで屎をなさりました。その時、少彦名神も笑って「その通りだ。私も苦しかったのだ」と、ハニの荷を岡に投げつけました。そこで、この岡を「埴岡(ハニオカ)」と名付けたのです。

その他にも、山陰、山陽、四国、九州の神社に、二神の国づくりの足跡が見受けられます。

医療、温泉の神様として活躍

日本最古の名湯、愛媛の道後温泉の開湯にも大国主神と少彦名神が関わっています。

国づくりの途上、二神が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、少彦名神が突然の病に苦みました。大国主神は大分の「速水の湯」を道後へと導き、手のひらに温泉を作り少彦名神をそこへ浸して湯あみさせ温めました。すると少彦名神はたちまち元気をとりもどし、立ち上がりました。その時、踏んだ石に少彦名神の足跡が残りました。

これは、伊予国風土記逸文に残されているエピソードです。
病に苦しむことで温泉を導くきかっけとなったこと、また温泉の恵みを受けて元気になったことから、少彦名神が温泉の神、医療の神としての性格を得たのではないでしょうか。

常世へ

古事記によると、大国主神との国づくりの途中、少彦名神は常世へと行ってしまいます。日本書紀では熊野の御崎から常世郷(とこよのくに)に行ったと伝えられ、伯耆国風土記、粟嶋の項では粟柄に乗ったところを弾かれて常世に渡ったと伝えられています。

酒楽の歌〜酒造の神のルーツ

古事記の仲哀天皇の章の中の「酒楽の歌」(さかくらのうた、または、さかほいのうた)の項にはこのようなエピソードが見られます。
神功皇后は息子のホンダワケノミコト(後の応神天皇)の帰還を酒を造って待っていました。

この御酒は 我が御酒ならず 酒(クシ)の司(カミ) 常世に坐す 石立たす 少名御神(スクナミカミ)の 神寿き 寿ぎ狂ほし 豊寿ぎ 寿ぎ廻おし 献り来し御酒ぞ あさず食せ ささ

と歌います。
少名御神とは少彦名神のこと。古くから少彦名神が酒造の神として崇められていたことが伺われます。

一寸法師のモデルになった神様へ

ガガイモの船に乗れるほどに小さい体でありながら、大国主神の国づくりを助け、多くの知恵と知識を持つ少彦名神は「御伽草子」の一寸法師の他、後世における「小さな子」が活躍するいくつもの物語のモデルとなりました。

■この神様に関連する主な神話
少名毘古那神 古事記
大国主と少彦名の我慢比べ 播磨国風土記

【挿絵解説】
日本書紀にて、「ミソサザイの羽を着物にしている」と言う記述があったので袖をミソサザイの翼の色に。
髪型とハイライトは鳥(髪型は翼、ハイライトは鳥の形)を意識してます(前髪部分はミソサザイの尾羽イメージです)。
医学、酒造の神としての性質もあるそうなので飾りに瓢箪と錠剤、一寸法師のモデルになったので針を持たせ、少年風にデザインしてみました。

【参考資料】
(文章参考)古事記、日本書紀、出雲国風土記、伊予国風土記、伯耆国風土記 播磨国風土記
(挿絵参考)古事記、日本書紀

文章:あさみ
挿絵:伊助