古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)

宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うかのみたま

【別名】
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、御饌津神/御食津神(みけつかみ)、お稲荷さん(おいなりさん)

【ご神徳】
五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、交通安全、火災や災難除け、子孫繁栄、学業成就、芸能上達
【伝承地】

【継続】
須佐之男命(父)、神大市比売(母)、大年神(兄)

【鎮座】
伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)、祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市笠間)、伊勢神宮 外宮 小俣神社(三重県伊勢市)など

【解説】

お稲荷さんとして親しまれる穀物神

大歳神と同じく、須佐之男命と神大市比売の子であり、日本にて最大の神社の数を誇る稲荷神社の代表的な神。

お稲荷さんとして親しまれており、その呼び名で知らない人は少ないと思われます。

山城国風土記やましろのふどき』によれば、伊侶具いろぐという富裕者が餅を的にし矢を放ったところ、餅は白鳥となって飛んでいき、止まった個所に稲が生じた、という。

その際に『伊禰奈利生いねなりおひき』と表記され、不思議に思った伊侶具がそこに神社を建て、「伊禰奈利いねなり」から「伊奈利いなり」と名付けたのだという。

狐との関係

お稲荷さん、といえば連想される狐。

狐は稲荷神社の神使であり、近年では「稲荷神は狐の神だ」という誤った認識が出てしまうほど、印象や関連として大きいもののようです。

では何故、「稲荷神=狐神」という風な認識が生まれてしまったのでしょう?

それは宇迦之御魂の別名 御饌津神(みけつかみ)からきているようで、狐の古称「けつ」というのが混同してしまい、いつからか関連つけられ、同一視されるようになりました。
■この神様に関連する主な神話
山城国風土記逸文(神名帳頭註)「秦伊呂巨と稲荷神」 –

文章:宮田
挿絵:こなゆき