妖怪信仰

妖怪信仰

妖怪信仰

妖怪信仰について

日本には古来より人間の理解を超える奇怪で異常な現象や不思議な力を妖、妖怪と読んで恐れ敬ってきました。

歴史を見てみると古代では風土記に鬼が登場し、記紀には八岐大蛇という大蛇が登場しています。これらは元々土着の神様であったとも言われており信仰対象であった事が伺えます

河童や犬神、化け狸のようにある地域では神として祀られていてる妖怪も多数おります。

  • 座敷童子 住み着いた家に幸せをもたらすといわれる座敷童子。ところで、座敷童子は「妖怪」なのでしょうか? 神なのでしょうか? それとも…? 日本で有名な、その正体に迫ります。
  • 酒呑童子(しゅてんどうじ) 大江山の鬼退治で知られる酒呑童子をイラスト付きで紹介。 都で悪事を働く酒呑童子は元々は美しき稚児でありました。
  • 管狐(くだぎつね) 古くから人々に仕え、また時には厄をもたらす狐の妖怪。管狐をイラスト付きでご紹介します。
  • 鵺(ぬえ) 平安時代に夜な夜な現れ、天皇を悩ませていた妖怪「鵺」。異形の姿の怪物はどのようにして現れていたのでしょうか?イラストつきでご紹介いたします。

妖怪信仰一覧へ