古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

奴奈川姫(ぬなかわひめ)

奴奈川姫(ぬなかわひめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奴奈川姫(ぬなかわひめ)
【別名】
沼河比売(古事記)、奴奈宜波比売命(出雲風土記)

【ご神徳】
縁結び、子宝、安産

【伝承地】
新潟県

【継続】
<先代旧事本紀>子 建御名方神
<出雲風土記>父 俾都久辰為命(へつくしい) 夫 天下造らしし大神命(大国主命) 子 御穂須々美命(みほすすみのみこと)

【鎮座】
奴奈川神社(糸魚川市田伏)、天津神社内奴奈川神社(新潟県糸魚川市一の宮)、白山神社(新潟県糸魚川市大字能生宮の上)、諏訪大社下社(長野県諏訪郡)

【解説】

大国主の求婚

古事記によると、八上姫という大変美しいお姫様をめぐって、兄たちの罠にかかった大国主命は二度死んで二度生き返ります。

そして、根の国(黄泉の国)へと逃げてきた大国主命は、須佐之男命の末娘・須勢理姫と出会い、恋に落ちます。

父・須佐之男命からの試練をくぐりぬけ、ふたりは中つ国に帰って来ます。
大国主は前述の八上姫とも結ばれますが、氣の強い須勢理姫は八上姫を追い払ってしまいました。

大国主が次に目を付けたのが髙志(こし)の国に住む沼河比売(ぬなかわひめ)でした。
「八千矛神」の名を使い、沼河比売に求婚をし、結婚されました。

ここでお二人が交わされた歌が、古事記で初めて出てくる恋の歌です。

<大国主>
「八千矛の 神の命は 八島国 妻枕きかねて 遠々し 高しの国に 賢し女めを ありと聞きかして 麗し女を ありと聞きこして さ婚ひに あり立たし 婚ひに あり通はせ 大刀が緒も いまだ解かずて 襲をも いまだ解かねば 嬢子の 寝すや板戸を 押そぶらひ 我が立たせれば 引こづらひ 我が立たせれば 青山に 鵺は鳴きぬ さ野つ鳥とり 雉は響む 庭つ鳥 鶏は鳴く うれたくも 鳴くなる鳥か この鳥も 打ちやめこせね いしたふや 天馳使ひ 事の 語りごとも こをば」

<沼河比売>
「八千矛の 神の命 萎え草の 女にしあれば 我が心 浦渚の鳥ぞ 今こそば 我鳥にあらめ 後は 汝鳥にあらむを 命は な殺せたまひそ いしたふや 天馳使事の 語り言も こをば」
「青山に 日が隠らば ぬばたまの 夜は出でなむ 朝日の 笑み栄え来て 栲綱の 白き腕 沫雪の 若やる胸を そ叩き 叩き愛がり 真玉手 玉手差し枕き 股長に 寝は宿さむを あやに な恋ひ聞こし 八千矛の 神の命 事の 語言も こをば」

また、『出雲風土記』では天の下造らしし大神(大国主命)が奴奈宜波比売の命と結婚して御穂須々美(みほすすみ)命を生んだ、と書かれています。

糸魚川での奴奈川姫伝承

JR糸魚川駅前には、奴奈川姫の像があり、子どもの建御名方命がすがりつき、左手にヒスイ製の勾玉を連ねたものを持って立っています。

奴奈川姫は「ヒスイの玉を身につけ、占いごとや呪術を巧みに行っていた女王であった」と推測されており、奴奈川姫にまつわる伝承地も非常に多く存在しているのです。

<糸魚川の奴奈川姫伝承地>

旧青海町の鍾乳洞「福来口」は奴奈川姫のかつての住み処、
能生谷村大字島道(しまみち)字滝の下にある 岩井口(いわいぐち)は、奴奈川姫の産所だったとされ、
西海村字平牛の飯塚(いづか)の森は、奴奈川姫が御使用になった食器を埋められた所だったと言われている。他多数

また、天津神社の境内社である奴奈川神社は、延喜式内社論社であり(延喜式に記載されたと推定される神社のこと)、奴奈川姫命を主祭神とし、後に大国主命が合祀されています。
他、長野県、新潟県に沼河比売を祀る神社は点在しています。

天津神社・奴奈川神社の言い伝えによると、
奴奈川姫は結婚後、大国主命と不仲になって故郷・高志の国に逃げ帰り、
糸魚川平牛山稚児ケ池のほとりに身を隠し、二度と姿を見せなかったということです。

今も、奴奈川姫が入水自殺したとされる稚児ケ池があります。

多くの伝承から、奴奈川姫がこの地域で深く根付き、非常に親しまれている存在であることがわかります。

糸魚川の古名は「奴奈川郷」であり、そこで翡翠を作っていた「奴奈川族」が存在したのではないかとも言われています。

『万葉集』に
「渟名河(ぬなかは)の 底なる玉  求めて 得まし玉かも  拾ひて 得まし玉かも 惜(あたら)しき君が 老ゆらく惜(を)しも」(巻十三 三二四七 作者未詳)
という歌が詠まれています。
「渟名河」は小滝川(姫川の支流)だとされる説があります。
(※姫川(ひめかわ)は、長野県北安曇郡・新潟県糸魚川市を流れる川。付近が翡翠の産地)

糸魚川は古くから翡翠の産地であり、奴奈川姫が実在したかどうか定かではありませんが、
大国主と奴奈川姫の結婚というのは出雲の国と高志の国の結びつき、という点で古代においては重要だったのかもしれません。

【挿絵解説】
翡翠の装飾をたくさん付けた巫女をコンセプトに描いています。大国主が出雲から越に攻めてくる=大国主の時代には、越は出雲より遅れていた(のかもしれない)という想像から、遮光式土偶などを参考に縄文らしさを残したビジュアルにしてみました。

【参考資料】
(文章参考)出雲国風土記、古事記、先代旧事本紀、糸魚川観光ガイド
(挿絵参考)