古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テスト
【別名】
天照大神(あまてらすおおかみ/あまてらすおおのかみ)、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)
(※)大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)
(※)大日女尊(おおひるめのみこと)、(※)大日霊(おおひるめ)、(※)大日女(おおひめ)など…

(※)は日本書紀参考という意味です。
(※)以外は古事記や他書参考です

【ご神徳】
高天原の主宰神。

国土安泰、福徳、開運、勝運

【伝承地】
木曽山脈の恵那山
(天照大神誕生の際に胞衣が埋設)
長野県戸隠山の戸隠神社
(天岩戸の伝承が残る)
三重県のめずらし峠
(天照大神天児屋根命が出会われた場所)
奈良県長谷寺の隣の與喜(よき)山
(天照大神が降臨された)

島根県隠岐
(天照大神が行幸の際にそこに生育していた大木を「おおき」と感動された場所。)
宮崎県高千穂町岩戸
(天照大神を祭神とする天岩戸神社の周辺には、岩戸隠れ神話の中で天照大神が隠れこもったとされる天岩戸をはじめ、複数の神話史跡や関連の地名が残る)
※()内は伝承の大まかな詳細

【継続】
伊邪那岐命(いざなきのみこと/父)、月読命(つくよみのみこと/弟)、須佐之男命(すさのおのみこと/弟)、(※)伊邪那美命(いざなみのみこと/母)
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと/子)、
天之菩卑能命(あめのほひのみこと/子)、天津日子根命(あまつひこねのみこと/子)、活津日子根命(いくつひこねのみこと/子)、熊野久須毘命(くまのくすびのみこと/子)
邇邇芸命(ににぎのみこと/孫)

(※)は日本書紀参考という意味です。
(※)以外は古事記や他書参考です

【鎮座】
伊勢神宮(内宮)(三重県伊勢市)、熱田神社(愛知県名古屋市)、檜原神社(奈良県櫻井市)、日向大神宮など

【解説】

三柱の貴子の誕生

高天原に総べる皇祖神。
伊邪那美命に別れを告げた伊邪那岐命が、黄泉の穢れを落とすべく海水で体をお洗いになさったところ、左目 右目 鼻から三柱の神がお生まれになりました。
左目からは天照大御神、右目からは月読命、鼻からは須佐之男命がお生まれになり、三柱の神にそれぞれ役割を授けました。
伊邪那岐命は月読命に「あなたは夜の食国をおさめなさい」と言い、須佐之男命に「あなたは海原をおさめなさい」と言いました
そして天照大御神には「あなたは高天原をおさめなさい」と言い、天照大御神は高天原をおさめることとなりました。

天照大御神と須佐之男の誓約

須佐之男命伊邪那美命会いに行こうと、根の国へ発つ前に姉である天照大御神に父 伊邪那岐命のいいつけをそむき、
根の国へ行かなくてはならない訳を申し上げるため、高天原へ向かいました。
一方高天原では、須佐之男命が来訪したことで天照大御神は「乱暴者の須佐之男のことだから、この高天原を奪いに来た。」とお思い、
髪をみずらにし、武装をして弓を構えて須佐之男命をむかえました。
天照大御神のもとに向かった須佐之男命は、天照大御神が大いに怒っているとわかると、
「私は姉上の領地を奪おうなどと思っておりません。その証拠に、子を産むかたちの誓約を行いましょう」とおっしゃいました。

誓約をすることとなった二柱。
天照大御神は、須佐之男命が持っていた長い剣を三つにおり、多紀理毘売命(たきりひめのみこと)、市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比売命(たきつひめのみこと)の三柱をお生みになり、
須佐之男命は、天照大御神が身につけていた勾玉から、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)、天之菩卑能命(あめのほひのみこと)、天津日子根命(あまつひこねのみこと)、
活津日子根命(いくつひこねのみこと)、熊野久須毘命(くまのくすびのみこと)をお生みになりました。
須佐之男命は「わたしの心が清いから、姉上のような穢れのない女神を生めたのです」とかちほこり、天照大御神の田の畦や溝を壊し、神殿に糞をまきちらすなど、乱暴を働きました。
しかし、天照大御神須佐之男命をかばい、咎めようとはしませんでした。

天照大御神の岩戸隠れ

一向に酷くなるばかりの須佐之男命の行い。ある日須佐之男命は、馬の皮を剥ぎ (※)天照大御神の神殿の屋根の瓦をとり、中へ投げ込み、その拍子に侍女の一人が死んでしまいます。
(※表記によってさまざまですが、機織り小屋の屋根の瓦をとり、中へ投げ込むと織女が驚き、転げ落ちて尖った機具が刺さったという表記もあります。)
その出来事でさすがに恐れた天照大御神は、天岩戸へ隠れてしまいます
天照大御神が隠れてしまうと、世界は暗闇に包まれてしまい、それをなんとかしようと神々は策を練り、天照大御神を天岩戸から出すことに成功します。
この出来事で須佐之男命は高天原を追放されたのでした。

文章:宮田
挿絵:やまくじら