古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テスト
【別名】
天照大神(あまてらすおおかみ/あまてらすおおのかみ)、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)
(※)大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)
(※)大日女尊(おおひるめのみこと)、(※)大日霊(おおひるめ)、(※)大日女(おおひめ)など…

(※)は日本書紀参考という意味です。
(※)以外は古事記や他書参考です

【ご神徳】
高天原の主宰神。

国土安泰、福徳、開運、勝運

【伝承地】
木曽山脈の恵那山
(天照大神誕生の際に胞衣が埋設)
長野県戸隠山の戸隠神社
(天岩戸の伝承が残る)
三重県のめずらし峠
(天照大神天児屋根命が出会われた場所)
奈良県長谷寺の隣の與喜(よき)山
(天照大神が降臨された)

島根県隠岐
(天照大神が行幸の際にそこに生育していた大木を「おおき」と感動された場所。)
宮崎県高千穂町岩戸
(天照大神を祭神とする天岩戸神社の周辺には、岩戸隠れ神話の中で天照大神が隠れこもったとされる天岩戸をはじめ、複数の神話史跡や関連の地名が残る)
※()内は伝承の大まかな詳細

【継続】
伊邪那岐命(いざなきのみこと/父)、月読命(つくよみのみこと/弟)、須佐之男命(すさのおのみこと/弟)、(※)伊邪那美命(いざなみのみこと/母)
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと/子)、
天之菩卑能命(あめのほひのみこと/子)、天津日子根命(あまつひこねのみこと/子)、活津日子根命(いくつひこねのみこと/子)、熊野久須毘命(くまのくすびのみこと/子)
邇邇芸命(ににぎのみこと/孫)

(※)は日本書紀参考という意味です。
(※)以外は古事記や他書参考です

【鎮座】
神宮(内宮)(三重県伊勢市)、賢所(宮中三殿・東京都千代田区)、熱田神社(愛知県名古屋市)、檜原神社(奈良県櫻井市)、日向大神宮など

※ここまで原文執筆、宮田。

【解説】
 日本人と切る事は出来ない神様である「天照大御神」。いろいろと紐解いていきますと、日本人の信仰のルーツを見る事が出来ます。天照大御神の伝承と、信仰について紹介致しましょう。

アマテラスの誕生 執筆:小山田

 一番有名なのは『古事記』による伝承でしょう。国生みを終えられた、伊邪那岐命・伊邪那美命が火の神様である、迦具土神(カグツチ)を生んだことにより伊邪那美命が陰部に火傷を負い亡くなり、伊邪那岐命が黄泉国を訪問し、逃げ帰ってくる最中の穢れを清めるべく、禊祓をしたときに様々な神々が出現し、最後に三貴紳と呼ばれる神々が登場します。

於是洗左御目時所成神。天照大御神。次洗右御目時所成神。…省略…名月讀命。次洗御鼻時所成神。名建速須佐之男命。<…分註省略…>
(『新訂増補 国史大系 第一部10 古事記』,吉川弘文館,昭和39年,P.15)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。

訳(以降、本ページにおける訳は註が無い限り、小山田宗治による)
左目を洗ったときに出現した神は天照大御神。次に右目を洗ったときに出現した神は月読命、そして次に鼻を洗ったときに出現した神は建速須佐之男命である。

 所が、『日本書紀』の天照大神の出現は少し違います。『日本書紀』巻第一、神代上第五段(四神出生章)では、天照大神は諾冉二神による出生となっております。その理由として、『日本書紀』には

吾已生大八洲國及山川草木。何不生天下之主者歟。
(『新訂増補 国史大系 日本書紀前編』,吉川弘文館,昭和62年,P.10)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。


我々はすでに、大八洲国(今の日本列島)や山・川・草・木などを生んだ。何故に、天下を治めるべき者を生まないのだろうか。

とあり、諾冉二神の国産みの最後に、それを治める神として天照大神を生んだ形になっています。更に、その天照大神の特徴として、

此子光華明彩。照撤於六合之内。
(『新訂増補 国史大系 日本書紀前編』,吉川弘文館,昭和62年,P.10)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。


この子(天照大神)は光華明彩であり、国中を照らした。

とあります。万物を照らす、太陽神としての表現が見られます。特に、「六合」の表現が特徴的であり、これは東西南北の四方、そして上下の二方、併せて六つの方角を示しており、今で言う3D表現と言えましょう。
 そうして、神々の頂点に立った天照大御神、天上世界である高天原を納める事になります。『古事記』の三貴紳がそれぞれ統治する所の指示を伊邪那岐命より伝えられているシーンを見てみますと、天照大御神には御頸珠(みくびたま)の玉をかけて伝えています。文章の表現も天照大御神のみ「事依(ことよ)さして賜(たま)ひき」と丁寧な表現であるのに対して、月読命須佐之男命には「事依さしき」とあります。それだけ、天照大御神への期待は大きかったと言えましょう。

天照大御神と須佐之男の誓約 執筆:宮田

須佐之男命伊邪那美命会いに行こうと、根の国へ発つ前に姉である天照大御神に父 伊邪那岐命のいいつけをそむき、
根の国へ行かなくてはならない訳を申し上げるため、高天原へ向かいました。
一方高天原では、須佐之男命が来訪したことで天照大御神は「乱暴者の須佐之男のことだから、この高天原を奪いに来た。」とお思い、
髪をみずらにし、武装をして弓を構えて須佐之男命をむかえました。
天照大御神のもとに向かった須佐之男命は、天照大御神が大いに怒っているとわかると、
「私は姉上の領地を奪おうなどと思っておりません。その証拠に、子を産むかたちの誓約を行いましょう」とおっしゃいました。

誓約をすることとなった二柱。
天照大御神は、須佐之男命が持っていた長い剣を三つにおり、多紀理毘売命(たきりひめのみこと)、市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比売命(たきつひめのみこと)の三柱をお生みになり、
須佐之男命は、天照大御神が身につけていた勾玉から、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)、天之菩卑能命(あめのほひのみこと)、天津日子根命(あまつひこねのみこと)、
活津日子根命(いくつひこねのみこと)、熊野久須毘命(くまのくすびのみこと)をお生みになりました。
須佐之男命は「わたしの心が清いから、姉上のような穢れのない女神を生めたのです」とかちほこり、天照大御神の田の畦や溝を壊し、神殿に糞をまきちらすなど、乱暴を働きました。
しかし、天照大御神は須佐之男命をかばい、咎めようとはしませんでした。

スサノオの狼藉と天岩戸隠れ 以降執筆:小山田

 天照大御神の話として一番有名なのが、天岩戸隠れでしょう。
 この話は、前節において須佐之男命と天照大御神との間での誓約(うけひ)の後から始まります。
 高天原に滞在していた須佐之男命は様々な狼藉を働きます。栄田(つくりだ)の阿を離したり、灌漑水路の溝を埋めたり、大嘗祭を執り行う神聖な神殿において屎をまき散らしたりしました。
 これらの罪は、全国の神社にて特に六月・十二月の晦日に執り行われる「大祓」という儀式にて神職が奏上する祝詞「大祓詞」の当初の形の文章に、「天つ罪」として規程されていました。『延喜式』巻八「祝詞」に所収されている、「六月晦大祓」には、

天津罪<止>畔放。溝埋。樋放。頻蒔。串刺。生剝。逆剝。屎戸。
(『新訂増補 国史大系 交替式・弘仁式・延喜式前編』,吉川弘文館,昭和52年,P.169)
※<>内は、宣命体の小文字。

と記され、天つ罪として「畔放(あはなち)・溝埋(みぞうめ)・樋放(ひはなち)・頻蒔(しきまき)・串刺(くしさし)・生剝(いきはぎ)・逆剝(さかはぎ)・屎戸(くそと)」が定められていました。主に、農耕妨害が天つ罪として定められていました。
 我慢していた天照大御神もついに、引きこもってしまう事件が発生します。神御衣(かむみそ)を織っていた服屋(はたや)に須佐之男命は天の斑馬(ふちこま)と呼ばれる馬の皮を剝ぎ、投げ入れたのです。服織女(はたおりめ)は驚いて亡くなり、天照大御神は天の岩屋戸に籠ってしまいます。

天岩戸の祭祀

 天照大御神が隠れてしまった高天原は緊急事態になりました。様々な災いが一斉に起こり、神々も困り果てました。そこで神々は、天の安の河原に集結し協議を行いました。その結果、天の岩屋戸の前で大きな祭祀を行うことになったのです。
 まず「常世の長鳴鳥」を集めて鳴かせ、次に「天の堅石(かたしは)」を材料に鏡を作り、玉祖命は「八尺の勾玉」を作り、天児屋命(アメノコヤネ)と布刀玉命(フトダマ)は鹿の骨を焼いて占いを行い、天の香具山の「五百津真賢木(いほつまさかき)」の上部には八尺の勾玉、下部には「白丹寸手(しらにぎて)・青丹寸手(あをにぎて)」と呼ばれる幣帛を取り付けて、布刀玉命が捧げ持ました。天児屋命は祝詞を奏上し、天手力男神(アメノタジカラオ)は隠れて待機しました。
 天宇受売命(アメノウズメ)が舞を舞い、その姿に神々が笑った時に、岩屋の中の天照大御神はその様子を不思議に思い、戸を少し開いて何故に神々が笑っているのか訪ねられました。その時、天宇受売命は、

益汝命而貴神坐故。歡喜咲樂。
(『新訂増補 国史大系 第一部10 古事記』,吉川弘文館,昭和39年,P.21)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。

訳(以降、本ページにおける訳は註が無い限り、小山田宗治による)
あなた様(天照大御神)よりも貴い神がいます。故に、皆は喜んで笑い、そして宴をしています。

と説明しました。差し出された鏡に映った姿を見て、天照大御神は誰だろうかと身を乗り出したとき天手力男神は、天照大御神を引き出し、そして布刀玉命は「尻久米縄」で岩屋戸を封鎖しました。この尻久米縄は、注連縄の由来とも言われています。
 そして、高天原、中津国に陽が戻りました。

崇神天皇と天照大神

 『日本書紀』第九段の一書に所謂「三代神勅」と呼ばれる、天照大神瓊瓊杵尊との間に交わされた約束があります。その中の一つに、「宝鏡奉斎の神勅」と呼ばれるものがあります。

吾兒視此寶鏡當猶視吾。可與同床共殿以爲齋鏡。
(『新訂増補 国史大系 日本書紀前編』,吉川弘文館,昭和62年,P.74)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。


瓊瓊杵尊よ、この宝鏡を見ることは、私(天照大神)を見る事と同じだと思いなさい。いつも同じ宮殿の同じ部屋に祀り、斎鏡としなさい。

 この神勅は瓊瓊杵尊以降も脈々と受け継がれ、神武天皇以降の歴代の天皇にも受け継がれていました。所が、第十代崇神天皇(すじんてんのう)の御代、国内は混乱に見舞われます。
 崇神天皇五年、国内には疫病が流行り死者が多数にのぼりました。更に、翌年の崇神天皇六年には国内での反乱も起こり大変な情勢となりました。恐れおののいた崇神天皇は、天神地祇に詫び、それまで宮中で祭祀を行っていた天照大神と日本大國魂神を宮城外にて祭祀を行う事になりました。天照大神は倭の笠縫邑(かさぬひのむら)にて磯堅城(しかたぎ)の神籬(ひもろぎ)にて祭祀が豊鋤入姫命(とよすきいりびめのみこと)によって行われました。宮城から八咫鏡が外に出た事になります。
 更に、十一代垂仁天皇(すいにんてんのう)の御代には、この八咫鏡は各地を旅し、いよいよ神宮が鎮座することになります。

伊勢の神宮の鎮座

 皆様は、伊勢神宮の正式名称はご存じでしょうか。「神宮」とのみ表記の場合は、伊勢神宮をさします。分かりやすく言うべく、「伊勢の神宮」と呼ばれることもあります。
 豊鋤入姫命より八咫鏡が倭姫命(ヤマトヒメ)に託されます。

爰倭姫命求鎭坐大神之處而詣菟田筱幡<…分註省略…>。
(『新訂増補 国史大系 日本書紀前編』,吉川弘文館,昭和62年,P.184)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。


ここに倭姫命は、天照大神の鎮座する場所を求めて、菟田の筱幡(奈良県)に至った。

 倭姫命と天照大神の旅は、近江国(滋賀県)、美濃国(岐阜県)などを巡り、伊勢に至ります。伊勢に至ったとき、天照大神は倭姫命に、

是神風伊勢國。則常世之浪重浪歸國也。傍國可怜國也。欲居是國。
(『新訂増補 国史大系 日本書紀前編』,吉川弘文館,昭和62年,pp.184-185)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、一部の漢字表記を変更した。


この(神風の)伊勢の国は、変る事無く海の浪が寄せる国だ。(大和の)端の国で良いところだ。私(天照大神)は、ここに居ようと思う。

 倭姫命は天照大神の御教の通りに、伊勢の五十鈴川の川上に宮を建てました。この宮は、「磯宮(いそのみや)」と呼ばれ、現在の伊勢の神宮の原型です。
 神宮が鎮座し、伊勢の地にて天照大神の祭祀が始まりました。
 天武天皇の御代に、様々な神宮祭祀の制度が確立します。
 まず、『日本書紀』巻二十九、天武天皇三年条には、

冬十月丁丑朔乙酉。大來皇女自泊瀨齋宮向伊勢神宮。
(『新訂増補 国史大系 日本書紀前編』,吉川弘文館,昭和61年,P.335)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とした。


天武天皇三年の十月九日に、大來皇女(おおくのひめみこ)は泊瀨(はつせ)の齋宮(さいぐう)より、伊勢の神宮に向かった。

とあります。「斎王」が「制度」として確立しました。斎王とは神宮に仕える皇族の女性の事です。
 そして、神宮の一番の特徴である「式年遷宮」も天武天皇の御代に制度化され、持統天皇四年に第一回の遷宮が執り行われました。しかし、この第一回の遷宮に関する記述は全く無いに等しく、『太神宮諸雑自記』に、

持統女帝皇。
卽位四年<庚寅>太神宮御遷宮。同六年<壬辰>豐受太神宮遷宮。
(「太神宮諸雑自記」『群書類従 第一輯 神祇部』,続群書類従完成会,昭和54年,P.74)
※<>内は分註。

とあるのみです。
 その後、式年遷宮は20年に一度と定まり、例えば『延喜式』巻四「伊勢太神宮」には、

凡太神宮。廿年一度。造替正殿寶殿及外幣殿。<…分註省略…>
(『新訂増補 国史大系 交替式・弘仁式・延喜式前編』,吉川弘文館,昭和52年,P.82)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とした。


(伊勢)神宮は、二十年に一度、正殿・宝殿・外幣殿を造り替えよ。

と記されています。

神宮と仏教の関わり

 かつて、神道と仏教は神仏習合の時代がありました。しかし、宮中と神宮においては神仏隔離を行っていました。神宮では、例えば忌詞(いみことば)が使われていました。忌み言葉は、『皇太神宮儀式帳』によれば、

人打<乎>奈津<止>云、鳴<乎>塩垂<止>云、血<乎>阿世<止>云、宍<乎>多氣<止>云、佛<乎>中子<止>云、經<乎>志目加彌<止>云、塔<乎>阿良々支<止>云、法師<乎>髪長<止>云、優婆塞<乎>角波須<止>云、寺<乎>瓦葺<止>云、齋食<乎>片食<止>云、死<乎>奈保利物<止>云、墓<乎>土村<止>云、病<乎>慰<止>云。
(「皇太神宮儀式帳」『神道大系 神宮編一』,神道大系編纂会編,昭和54年,P.10)
※<>内は宣命体の小文字。

とあり、例えば「僧侶」は「髪長」、「寺」は「瓦葺」と呼ばれていたことが示されています。
 仏教と全くの無縁と思われる神宮ですが、「神道説」の面では仏教との関わりが全く無かった訳ではなさそうです。平安末期の「両部神道」をみてみましょう。
 「両部神道」は僧侶の間で形成された神道説で、神宮の内宮と外宮をそれぞれ仏教界における「胎蔵界」、「金剛界」に見立てた教説です。神宮が直接関わる教説ではありませんでしたが、『中臣祓訓解』などの書物が作られ、後の伊勢神道の成立にも大きな影響を与えました。両部神道の拠点は吉津の仙宮院であり、神宮の繁栄を祈願して様々な法会を執り行っていました。
 更に、僧侶自身が神宮に参宮する例もこの頃から始まります。その背景には、神宮にて守られ続けていた仏法禁忌の流れが薄れた事にあります。
 最も有名なのは、文治二年(1186)の重源ならびに東大寺の僧侶による参宮でしょう。この時、重源は東大寺の再建を祈願する為でした。
 この様に仏教側からのアプローチによって神宮祠官の心が揺さぶられ、自立意識によって鎌倉期に伊勢神道が成立する事になります。

伊勢神道の樹立と、神道五部書

 鎌倉時代、神宮祠官が中心となり樹立したのが「伊勢神道」と呼ばれる神道説です。
 伊勢神道は、この時代に著作された神道五部書と呼ばれる書物を中核にしていました。

『天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記』(御鎮座次第記)
『伊勢二所皇太神御鎮座伝記』(御鎮座伝記)
豊受皇太神御鎮座本記』(御鎮座本記)
『造伊勢二所太神宮宝基本記』(宝基本記)
『倭姫命世記』

 一番古いのが、『造伊勢二所太神宮宝基本記』です。しかし、これらの書物は永仁四年(1296)に外宮側が、内宮側と同じように「皇」の字を用いることに関して、内宮と争いになった事より、六十歳未満の者は読むことが出来なくなりました。
 さて、伊勢神道は神道がはじめて哲学を持ち、神道における神学「神道神学」として整えられはじめた事が大きな特徴と言えましょう。
 伊勢神道の特徴的な思想として、例えば神道五部書の『倭姫命世紀』には、

天照太神<波>。日月<止>共<志天>。㝢内<仁>照臨給<倍利>。
(「倭姫命世紀」『続群書類従 第一輯上 神祇部』,続群書類従完成会,昭和50年,P.61)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、<>内に宣命体の小文字を記した。


天照大御神は、太陽と月と共に宇内(宇宙)を照らす。

とあり、天照大御神の理念が。更に、同書には、

大日本國者神國奈利。依神明之加被<弖>。得國家之安全。依國家之尊崇<天>。增神明之靈威<須>。
(「倭姫命世紀」『続群書類従 第一輯上 神祇部』,続群書類従完成会,昭和50年,P.61)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし漢字表記を一部変更した。また、<>内に宣命体の小文字を記した。


大日本国は神の国である。神々の御加護によって国家は安全であり、更に尊崇によって神々の霊威は増すのである。

とあり、神国論が記されています。これは、後に北畠親房に受け継がれ、親房は自信の著書『神皇正統記』にて、

大日本者神國(おほやまとはかみのくに)也。天祖(あまつみおや)ハジメテ基(もとゐ)ヲヒラキ、日神(ひのかみ)ナガク統ヲ傳(つたへ)給フ。我國ノミ此事アリ。異朝(いてう)ニハ其タグヒナシ。此故ニ神國ト云(いふ)也。
(「神皇正統記」『日本古典文学大系87 神皇正統記 増鏡』,岩波書店,昭和40年,P.41)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし漢字表記を一部変更した。また、<>内に宣命体の小文字を記した。


大日本国は神の国である。天神の祖先が開き、日の神(天照大御神)が長期間に渡り統治している。日本独自の事である。諸外国にはこの様な事はない。故に、日本は神の国なのである。

と示し、神国論を示しています。これらの思想は、鎌倉期末期の南北朝時代において南朝方の皇統意識に受け継がれました。

 伊勢神道の思想の一つに「正直」があります。この正直の思想は例えば『倭姫命世紀』では、

心神則天地之本基。身躰則五行<之>化生<奈利>。
(「倭姫命世紀」『続群書類従 第一輯上 神祇部』,続群書類従完成会,昭和50年,P.60)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、<>内に宣命体の小文字を記した。


心神は天地の基本である。体は五行の化生によって出来ている。

と記され、更には『造伊勢二所太神宮宝基本記』にも、

人乃天下之神物<奈利>。須掌靜謐<志>。心乃神明乃主<他利>。莫傷心神<禮>。
(「造伊勢二所太神宮宝基本記」『続群書類従 第一輯上 神祇部』,続群書類従完成会,昭和50年,P.65)
※漢文はHPフォーマットの都合上、白文とし、<>内に宣命体の小文字を記した。


人は神物である。静謐を保つことである。心は神々の主体であり、心神を穢してはならない。

とあります。この、「心神」の思想が「正直」であり、後の三社託宣における思想へと繋がりました。更に、正直である事は清浄でなければならないという考え方より「祓」が重視され、この考え方は後の垂加神道の成立にも関わることとなりました。

神宮御師(おし)と御祓大麻

 中世の武家政治の時代、神宮の経済はそれまでの神税による運営基盤が大きく損なわれ非常に危機的な状況になった時代がありました。その様な中においても、神宮の崇敬を保つために活躍したのが、神宮の下級の神職たちでした。彼らは、御師と呼ばれ全国各地に派遣される事となります。
 当初は各地の御園(みその)、御厨(みくりや)と呼ばれた神宮の神領からの神税の徴収に当たっていましたが、南北朝の時代になると時代の趨勢の兼ね合いもあり、それまでの担当範囲を超えて、一般庶民相手にも祈願を行い、その証として「御祓大麻」を授ける様になります。この御師が祈願をした相手の方々を、「檀那」と呼びます。

 当時の御師たちの祈願とは一体どのような形だったのでしょうか。
 現在、全国各地の神社では例えば、初宮詣や七五三、安産祈願や交通安全祈願など様々なお願い事に対する御祈願を執り行っています。御祈願の内容を祝詞で神々に申し上げ、玉串を捧げて祈願をしておりますが、御師たちの祈願とは違う事が窺えます。
 御師たちの祈願は、もっぱら「祓」でした。何度も何度も祓を行ったのです。そして、その「祓」の象徴として、渡されたのが「御祓大麻」と呼ばれる御札でした。そして、その御札を家庭内に祀ったのが、「大神宮棚」と呼ばれる棚でした。
 この「大神宮棚」が今日の神棚へと繋がるのです。

明治新政府と神宮大麻

 王政復古の大号令のもと、明治維新が行われ時代は近代へと突入しました。
 明治四年、全国の神社は「国家の宗祀」としての位置づけとなり、国の管理となり神宮も例外では無く、明治四年七月に「神宮御改正」が執り行われました。
 その中には、今までの神宮御師と檀那との私的関係の改善も含まれ、御師の活動が全廃される事になりました。その結果、神宮の御祓大麻の制度も変ることになります。明治五年四月の事です。
 明治四年末、新政府の神祇省より「皇大神宮御璽御布告案」が出され、新しい「神宮大麻」の原案が認められます。そして、神宮にて一体づつ丁重に奉製され、人々へと授けられる形態が整えられます。

 神宮大麻は奉製の伝統は一切変る事無く、今日でも全国各地の神社を通じて家庭や会社だけでなく、工場、船舶など様々な場所で祀られている神棚に奉斎されている御札です。その御札には、「天照皇大神宮」と記されています。まさに、日本人と天照大御神との繋がりを象徴する形と言えましょう。

【参考資料】
(文章参考)
古事記
日本書紀
延喜式
皇大神宮儀式帳
造伊勢二所太神宮宝基本記
倭姫命世紀
神皇正統記