古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

天児屋命(あまのこやね)

天児屋命(あまのこやね)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

koyane
【別名】
天屋根命、天之子八根命、天兒屋命、ワカヒコ、カスガマロ、春日権現(かすがごんげん)、春日大明神(かすがだいみょうじん)

【ご神徳】
祝詞の神、国土安泰、産業繁栄、家内安全、出世開運、合格祈願

【伝承地】
宮崎県西臼杵郡高千穂

【継続】
興台産命(父)、己等乃麻知媛命(母)、天美津玉照比売命(妻)、天児屋根尊(子)

【鎮座】
枚岡神社(大阪府東大阪市)、蜂田神社(大阪府堺市)、春日大社(奈良県奈良市)、吉田神社(京都市左京区)、大原野神社(京都市右京区)、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)その他全国春日神社など

【解説】
天児屋根命は天岩戸神話や天孫降臨神話など古事記や日本書紀で祭祀を司る神様として登場します。
中臣氏の祖神で有ることでも知られています。

祝詞の神

天児屋根命は天照大御神が天岩戸にこもられた時に太玉命とともに卜占を行い祝詞を奏上します。
その美しい祝詞のしらべに天照大御神は「これまで人が様々なことを申してきたが、未だこのように美しい言葉を聞いたことはない」と喜ばれたという。この事から天児屋根命は祝詞の祖神とされています。

また、天岩戸事件にて須佐之男が追放される際にはその解除(はらえ)の太諄辞(ふとのりとごと)を奏上しています。

天孫降臨

天孫降臨において邇邇芸命に従い降臨した。天孫降臨に従った天児屋根命、太玉命、天鈿女命、石凝姥命、玉屋命の5柱を五伴緒神と呼びます。
降臨した天児屋根命は、天照大御神と高皇産霊神から「皇孫を助け斎ひ護るように」との神勅を果たして皇運の基礎を固めきづかれた事から天孫輔弼の神とも称えられています。

中臣の祖神

天孫降臨後、天児屋根命は主に祭祀を司る神様として活躍します。
中央政権において祭祀を司った貴族中臣氏の祖神とされています。

中臣とは、神と人との間をとりもつという意味を持っており宮廷の神事を統括し政権に大きな影響力を誇った。
また、大中臣氏として伊勢皇太神宮の祭主即ち大宮司を勤めた家柄でもあります。

その後、中臣氏は中臣鎌足の代に藤原姓を賜り栄華誇る藤原氏の祖神でもあります。

■この神様に関連する主な神話
古事記 天岩戸
古事記 天孫降臨

文章:和術師
挿絵:朔月 庵