古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

大綿津見神(オオワタツミ)

大綿津見神(オオワタツミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yaoyorowatatumi
【別名】
豊玉彦(とよたまひこ)

【ご神徳】
海上安全・漁業繁栄・家内安全・病気平癒・学業成就・安産等

【伝承地】
特定した場所は無く主に沿岸部、海、川など水に近いところに見られる

【継続】
イザナギ(父)、イザナミ(母),玉依毘売命(娘)

【鎮座】
沼名神社(広島県福山市鞆町後地)、飯倉神社/東宮(鹿児島県南九州市)、海神社(兵庫県豊岡市)、神威神社(北海後志支庁道積丹郡積丹町来岸町)

【解説】
綿=海の古語、見=司るで、海を司る神の意である。
日本神話で最初に登場する綿津見が大綿津見である。神産みの際にイザナギ神・イザナミ神の間に八番目に産まれた、海を司る神である
特に大綿津見神は海底の宮殿に住み、海の幸また農の水を支配する神格として記紀の海幸彦と山幸彦の話に登場する神を指す。
イザナギの黄泉帰りの禊の際に、「底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)」、「中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)」、「上津綿津見神(うはつわたつみのかみ)」の三神が生まれ、この三神を総称して綿津見神と呼んでいるが別神である。
『記紀』では、イザナギは素戔嗚尊(須佐之男命・すさのを)に海を治めるよう命じている。

山幸彦と海幸彦

事兄の海幸彦に借りた釣針を失った山幸彦(邇邇芸命(ににぎのみこと)の子)が,針を求めて訪れたのが綿津見の宮であり、海幸彦に嫁いだ豊玉毘売命は、大綿津見神の娘である。

様々な神名

日本書紀には大綿津見の表記で登場しないが、代わりにワタツミ(綿津見神・海神豊玉彦・海神・少童命)と呼ばれる神が登場する。
その他にも様々な名で登場する大綿津見神であるかどうかは分からない。

綿津見神の姿

綿津見神は少童命と記されるように、子供の姿とし捉えられていたようで、日本では海神に限らず、水の神が子供の姿をとっていることはよくあることであり、河童などもそうである。

■この神様に関連する主な神話
古事記 黄泉国

文章:幸青
挿絵:伊助