古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

大山昨神

大山昨神

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ooyamakui
【別名】
山末之大主神
松尾大明神
山王
【ご神徳】
方除け・厄除け・醸造

【伝承地】
京都
比叡山

【継続】
父 大年神
母 天知迦流美豆比売(あめちかるみずひめ)

【鎮座】
日吉大社
松尾大社

【解説】

古事記での記述

大山昨神は、古事記の「大国主の国造り神話」の最後の、大年神の子孫たちを紹介するところに登場します。古事記にはこう書かれています。

大年神が天知迦流美豆比売(あめのちかるみずひめ)と結婚されて奥津日子神、奥津比売命をお産みになられた。次に大山昨神、またの名を山末之大主神をお産みになられた。この神は近江国の比叡山および葛野の松尾にに鎮座しておられ、鏑矢を用いる神である。

上に書かれてある通り、大山昨神は比叡山、松尾山を支配する地主神であり鳴鏑(鏑矢)を御神体とする神様であると伝えられています。また、比叡山の日吉大社、松尾山の松尾大社には巨大な磐座など、多くの共通点が見られています。

最澄と山王さん

大山昨神には「山王」という別名もあります。これは神仏習合の影響を大きく受けた「山王信仰」という信仰体系に基づいたもので、今でも全国で「山王さん」の愛称で親しまれています。この始まりは、最澄が比叡山に延暦寺を建て天台宗を開いた際に、唐の天台山の国清寺の守護神「山王元弼真君(さんのうげんひつしんくん)」にちなみ、日吉大社の主祭神である大山昨神(と大物主)を「山王権現」と称したことに始まります。全国の「日吉神社」、「日枝神社」の広がりの背景には、山王信仰および天台宗の存在が大きかったとされています。

松尾とお酒と秦氏と

大山昨神は平安京以前、京都盆地で栄えていた渡来系豪族によって祀られていた神様でもあります。その中でも勢力の強かった秦氏によって松尾大社が創祀されました。本朝月令にはこのような伝承が残されています。

ある日秦氏の娘が葛野の川で洗濯をしていました。すると、川上から一つの矢が流れてきました。娘はそれを持って帰り戸上に刺し置きました。すると娘は夫無しに妊娠し、男児を産みました。戸上の矢は松尾大明神(大山昨神)でありました。

これが書かれてある文章の直前に賀茂氏に関するほぼ同じ内容の伝承が書かれています。
そして平安京遷都後、松尾大社は賀茂氏の賀茂神社とともに「東の厳神、西の猛霊」として皇城鎮護の社とされました。
また、秦氏は酒造を得意としていたため、同時に大山昨神も酒の神と仰がれるようになりました。
そして室町時代末期以降、松尾大社の大山昨は「日本第一酒造神」と呼ばれはじめ、今日に至るまで多くの醸造業の信仰を受けるようになります。

■この神様に関連する主な神話

【挿絵解説】
巨大な磐座や鳴鏑伝説、ご神徳の醸造や山王権現などから、威厳があり豪快そうな印象を絵に起こしました。
山の頂点に座すとの謂れもある事から、空に近いイメージです。
【参考資料】
(文章参考)
古事記
本朝月令
(挿絵参考)
古事記
日吉大社ホームページ
松尾大社ホームページ など