民間信仰

民間信仰

夜刀神(やとのかみ)

夜刀神(やとのかみ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜刀神

【別名】
おなじ漢字で「やつのかみ」とも読む。

【ご神徳】
不明

【伝承地】
茨城県行方郡(現在の行方市)

【継続】
不明

【鎮座】
愛宕神社(夜刀神神社とも、茨城県行方市)








【解説】

名前の由来及び夜刀神の姿

夜刀(やと、やつ)は関東地方の方言で谷間、谷合を示す「谷地(やち)」「谷津(やつ)」「谷頭(やと)」に由来しており、また、霞ヶ浦周辺の谷間の湿地には蝮などの蛇類も多いことから、土地神としての蛇神であるといわれる。

常陸国風土記から見る夜刀神

夜刀神のことがよく記されている書物、常陸国風土記の中に夜刀神説話というものがある。これについて、噛み砕いた表現で説明していく。

 昔々、継体天皇の時代に箭栝という人がいました。
箭栝は谷を切り開き、新たに田を開墾した。
そのとき、夜刀神が大量に現れ、その開墾を邪魔した。夜刀神はこの地に住む蛇のことをいい、地元民曰く「胴体は蛇だけど、頭には角がある」と。
邪魔が長く続き、またひどくなっていったため、武装した箭栝は大量の夜刀神を殺し、かつ追い払うことに成功すると、山の入口に堀を掘って、そこを神と人間の住み分けの境界線とした。
箭栝はそののち、近所に神社を作り、神職となり、代々夜刀神を祀っていくことになった。

さらにそれから百四十年あまりの年月が立ち、孝徳天皇の時代になると、壬生連麿が谷を占有し人々の生活を豊かにするために池を作ろうとした。
夜刀神は池付近の椎の木に上り集まると、いつまでも立ち退きしようとはしなかった。
麿曰く、「人々を広く救うためにこの池を修築するというのに、どうしてこの神は従わないのか!」と。
さらに、民衆に向かって、「目に見えるものはすべて打ち殺せ」と命じた。
夜刀神はそれが言い終わるやいなや、あっというまに隠れ去ってしまったという。
その後池は無事完成し、椎井の池と名付けられ、その周りには清水が湧き、土地の人々の農業に使われることになった。

夜刀神は結果として、どのエピソードでも人間に仇なす形で姿を現している。また、夜刀神がいずれも、開墾或いは修築に反対する人々を写しているのではないかと言われており、夜と暴力の神ともいわれることがある。夜刀神が神社で祀られているのは前述のように、夜刀神の怒りを鎮めるためであるとも考えられ、通常の神社で祀る神とは少々違う。
なお、椎井の池は現在愛宕神社境内にあり、今もなおこんこんと流れているという。

■この神様に関連する主な神話

 【神代】常陸国風土記(行方郡の条)-夜刀神

【挿絵解説】
ヤマカガシを元に描いてみました。
【参考資料】
(文章参考)常陸国風土記

文章:巫夏希
挿絵:やまくじら