民間信仰

民間信仰

八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)

八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おみずぬのかみ
【別名】
意美豆努命(おみづぬのみこと)
淤美豆奴神(おみづぬのかみ/須佐之男神の子孫及び、大国主神の祖父として古事記に登場)

【ご神徳】
国土開拓、交易、開運など

【伝承地】
島根県出雲地方の各地

【継続】
赤衾伊努意保須美比古佐倭気能命(あかふすまいぬおほすみひこさわけのみこと/御子。出雲国風土記の出雲郡条に登場)
須佐之男神(四代前の祖先/古事記より)、大国主神(孫/古事記より)

【解説】

雄大な国引き神話

八束水臣津野命は出雲国(現在の島根県東部)の神話の神様です。
古事記や日本書紀にはほとんど登場せず、『出雲国風土記』という書物によって伝えられています。
早速、その神話を読んでみましょう。

この郡を意宇(おう)と名付けた所以は、八束水臣津野命のお話にあります。
命が「たくさんの雲が湧き立つこの出雲の国は、小さな布切れのような幼い国だ。小さく作られた国なのだろう。それでは、他の国の余った土地を縫い付けてしまおう!」とおっしゃって新羅の方を見ると、ちょうど良さそうな土地を見つけられました。
命は早速、童女の胸のような鋤を手に新羅の土地を切り離します。それはまるで大きな魚のエラを突き刺し、肉を切り分けるように大胆に。
切り離した土地に丈夫な綱を掛けて船を曳き上げるようにもそろもそろと、「国来(くにこ)、国来」と唱えながら引っ張ります。
こうして新羅から引いてきた土地が、今の小津の断崖から杵築の御崎までの地になっています。土地を固定するための杭は佐比売山に、引いた綱は薗の長浜になりました。
命はさらに隠岐島や越の国(北陸地方)からも「国来、国来」と土地を引き寄せます。
ついに出雲は理想的な大きさになりました。
命は「これにて、国を引き終えた」と地面に杖を突き立てて、「おゑ(おう)」と一息つかれました。
これが意宇郡の名の由来です。

『出雲国風土記』意宇郡条より意訳・要約

郡の名の由来としてさらりと語られていますが、その内容は実に雄大です。
国土が小さいからという理由で海を隔てた他国から土地を引き寄せるなんて、なんとも力強くおおらかな世界観を感じます。
空想話のようですが、出雲地方の地図を見れば確かに土地を継ぎ接ぎにしたような不思議な地形をしていて、「もしかして本当の話かも」とも思えてきますね。
特に薗の長浜は俯瞰するとまさに巨大な引き綱のようです。
また新羅や越国の名が出てくるのは、出雲国が他国と積極的な交流を持っていたことを表しているとも言われています。
出雲に生き、出雲の地をよくよく見てきた人々が語り継いできたのでしょう。

【挿絵解説】
縄で引き寄せ縫い付けた という部分からモチーフに「縄」を取り入れました。髪の毛とか。
全体的にパワフル感を出したかったので袴はチャップスっぽくしてます。背景は刺し子模様で「縫い合わせた」と言う感じ
【参考資料】
(文章参考)出雲国風土記
(挿絵参考)東洋神名事典(新紀元社)出雲国風土記(講談社文庫版)