古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

susanoo
【別名】
須佐乃袁尊(古事記)、素戔嗚命(日本書紀)、神須佐能袁命、須佐能乎命(出雲国風土記)
牛頭天王、祇園さま、天王さま(神仏習合)家津美御子大神など

【ご神徳】
五穀豊穣、防災除疫、水難、火難、病難除去、文学、学問上達、縁結び  など

【伝承地】
船通山(鳥取県日野郡日南町・島根県仁多郡奥出雲町)、島根県雲南市大東町須賀

【継続】
伊邪那岐命(父)、天照大御神(姉、もしくは兄)、月読命(兄)、多紀理毘売命(娘)、市寸島比売命(娘)、多岐都比売命(娘)、須勢理毘売命(娘) 大国主命(孫、もしくは子)


【鎮座】
八坂神社(京都府京都市)、片埜神社(大阪府枚方市)、氷川神社(埼玉県さいたま市)、津島神社(愛知県津島市)、須佐神社(島根県出雲市)

【解説】
数多く居ると言われる日本の神様たちの中でも、とりわけ人間らしいと言われる神様です。
母との会いたさに大暴れ。そして姉、天照大御神との喧嘩。駄々っ子かと思いきや、ふっとたくましくなり英雄として語り継がれる健速須佐之男命の成長を見て行きましょう。

生い立ち

亡き伊耶那美を追いかけて穢れの多い黄泉の国まで行ってしまった父、伊邪那岐。黄泉の国から逃げ帰り、さっそく体についてしまった穢れを落とそうと禊をしたところ、鼻を洗った時に誕生したのが、この健速須佐之男命です。須佐之男命は三貴子の末っ子として誕生しました。

亡き母を求めて

父から「お前は海原を治めなさい」と言われた須佐之男命ですが、困ったことに。
亡き母、伊耶那美と会いたくてしょうがない須佐之男命は、父の命を全うせずに「根之堅洲国(※ねのかたすくに。黄泉の国と同じと考えられる)に行きたい!」と泣き叫んでしまいます。
あまりにも荒々しく泣き叫ぶので、川も海も枯れてしまい世に悪神と災いを招いてしまいます。そして父から地上追放を食らってしまいます。

姉に誤解される弟

地上から追放された健速須佐之男命は根之堅洲国に向かう前に姉と挨拶をしようと思い立ち、高天原を目指します。しかし「弟が攻めてきた」と誤解した天照大御神。高天原を攻める気などないことを証明するために、誓約(うけい)をします。
そうして須佐之男命の剣から誕生したのが、九州・玄界灘の守り神、宗像三女神(多紀理毘売命・市寸島比売命・多岐都比売命)です。

姉を恐れさせてしまう

「私の心が潔白だから、この三女神が生まれたのです。だから私が勝ちです」
と、須佐之男命は勝ちを宣言します。しかしここからまた、乱暴は続きます。
姉の田んぼを壊し、水路の溝も埋めてしまい、大嘗祭で使う殿に糞をまき散らし、終いには服織屋の棟の屋根上から馬を投げ入れて、服織女と姉をびっくりさせてしまいます。
最初は姉も弟の悪行を咎めなかったものの、これには驚いて岩屋に隠れてしまいました。(天の岩屋戸伝説)
災いを導いたとされる須佐之男命はとうとう罰として科料を科せられ、髭と爪を切られ、罪を祓ったのち天上界から追放されてしまいました。

荒神が、英雄になる

出雲国の肥河の上流の鳥髪という地(※鳥取県日野郡日南町・島根県仁多郡奥出雲町にある船通山か)に辿り着いた須佐之男命。近くの川の上流から箸が流れてくるのを発見し、近くに人が住んでいると思ったので、川を上ると二人の老人に出会いました。夫婦のようです。
名を聞くと老翁が「私は国つ神で大山津見神(※おおやまつみ。伊耶那美伊耶那岐の子)の子です。名を足名椎(あしなづち)といいます。妻は手名椎(てなづち)、娘は櫛名田姫(くしなだひめ)と言います」と答えました。
どうしてか二人は泣いているので、理由を尋ねると翁は泣き泣き答えます。「8人の娘が高志(※こし。北陸の地)に居る八俣の大蛇に食われてしまいました。次は最後の娘の櫛名田姫の番です。だから泣いているのです」と翁が説明すると、須佐之男命は大蛇の姿を具体的に問い、大蛇を倒した暁には櫛名田姫と結婚をしたいと翁に言いました。翁は喜んで約束を受け入れます。
櫛名田姫を手のほどの大きさの櫛に姿を変えて、髪につけた須佐之男命は早速退治に向かいます。
ただ剣を振るうだけでは倒せないと考えた須佐之男命は、何十回も醸した酒を8つの頭を持つ大蛇に飲ませ、酔いつぶれたところを狙って殺しました。8本の尾の真ん中辺りを切った際に手ごたえを感じ、剣の刃を見ると刃こぼれしているので、不思議に思います。さらに尾を切ってゆくと、中から剣が出てきました。これを「都牟羽の大刀(つむはのたち)」と言い、天照大御神に献上されました。後に草那芸之大刀(くさなぎのたち、草薙の剣)として受け継がれていきます。

荒神が、歌の神様になる

めでたく大蛇を退治し、櫛名田姫を妻に迎えた須佐之男命。自分たちの宮を須賀(島根県雲南市大東町須賀)に作ると、雲が立ち上るのを目の当たりにします。
ここで須佐之男命は日本で初めての和歌を詠みました。

八雲立つ 出雲八重垣
妻籠みに 八重垣作る
その八重垣を

(出雲の地に雲が盛んに湧き上がり、幾重もの垣を築き上げるように八雲が立ちます。私は妻を籠らすために何重もの垣を宮殿に作ったけれど、ちょうどその八重垣みたいだなあ)

こうしたことがあって、須佐之男命は和歌や学問の神様として崇拝されています。
妻を迎えた須佐之男命には過去の荒々しい様子は見られません。

この後、須佐之男命は子どもを授かり、根の国に腰を下ろします。

―――

須佐之男命は自分から死んだ?

「根の国に行く前に、姉上に挨拶をしよう」という一言からも、自分から進んで根の国(黄泉の国)に行こうとした姿が見られますが、日本書紀にも自分から根の国に行ったと読める一文があります。櫛名田姫を妻に迎え、子を授かった後「自分から根の国に行かれた」と書記は伝えています。

保食神を殺したのはどっち?

古事記と日本書紀では大きな違いがあると言われていますが、須佐之男命にも違いが見られます。
それが穀物の種の誕生神話です。
古事記では大気都比売神(おおげつひめ)を須佐之男命が殺したことによって、5種類の穀物の種と蚕が生まれたと伝えられています。一方日本書紀では保食神(うけもちのかみ)を月讀命が殺したことによって、5種類の穀物の種と蚕が生まれたと伝えられています。

神楽で見る八俣の大蛇伝説

今日、様々な神社で神楽が奉納されていますが、須佐之男命が活躍する八俣の大蛇退治の物語が神楽の演目の中にあることがあります。演出が派手なものが多く、神話を楽しめる一つの芸能作品です。

文章:向日葵塚ひなた
挿絵:ヒャクジロー