古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

伊耶那美神(イザナミノカミ)

伊耶那美神(イザナミノカミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yaoyorozu_izanami_2
【別名】
黄泉津大神(よもつおおかみ)、道敷大神(ちしきのおおかみ)、熊野夫須美神(くまのふすみのかみ)
※道敷大神は黄泉比良坂で伊邪那岐神に追いついた神という意味と言われています。

【ご神徳】
商売繁盛の神様、家内安全の神様、厄除けの神様など

【伝承地】
淡路島、隠岐島、滋賀県多賀市、島根県安来市伯太町

【継続】
伊邪那岐(夫)、水蛭子(子)、淡島(子)、火之迦具土(子)

【鎮座】
多賀神社(滋賀県多賀市)、熊野神社(島根県八束群八雲村)、熊野那智大社(和歌山県牟婁那智勝浦町)、西寒田神社(大分県大分郡大分町寒田)

【解説】
神世七代(カミヨナナヨ)の最後の神。
日本神話における最初の夫婦であり、伊耶那岐神の妹でもあります。
名称に使われている「イザナ」は誘うという意味で「ミ」は女性を表していると言われています。
天津神達から「この漂っている国土を有るべき姿に整え固めなさい。」
と使命を受け本州、四国、九州など八つの島々(大八島国(オオヤシマノクニ))の他にも多くの島などを次々と生み出しました。
しかし、民のことを考え火を与えることを決めたイザナミは危険を伴うのを分かっておりながらカグツチを産みます。
その際にやけどを負ってしまい死んでしまいます。
そして、自分を追いかけて黄泉の国に来たイザナギに腐敗した姿を見られ恥をかき、そして、後を追いかけます。
そしてイザナギは千引の石(ちびきのいわ)をその黄泉比良坂に塞ぎました。
そして、その石を挟んで二神が向き合って立ち、離別の時
イザナミ「愛しい私の夫がそのようなことをするのならば、あなたの国の人々を、一日に千人絞め殺しましょう」
イザナギ「愛しい私の妻がそのようなことをするのならば、私は一日に千五百の産屋を建ててみせるぞ」
と言い離別しました。

【熊野夫須美神】
天照大神と素盞鳴尊(スサノヲ)が誓約をした際に、素盞鳴尊が天照大神八尺勾珠(やさかのまがたま)を噛み吐き出した息から生まれた熊野久須毘命ともされる。

■ この神様に関連する主な神話
国生み 天の浮橋「古事記」 国生み 黄泉国「古事記」

文章:幸青
挿絵:こなゆき