アイヌ・琉球の神様

アイヌ・琉球の神様

クンネチュプ(月神)

クンネチュプ(月神)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クンネチュプ
【別名】
クンネチュプカムイ

【ご神徳】
月の神

【伝承地】
ピンネシリ(尻別岳)

【継続】
ペケレチュプ(姉もしくは妹)
※表記によって異なる

【鎮座】
尻別岳

【解説】

夜の神

天地が創られたとき、たくさんの神々も生まれた。
月神・クンネチュプ、日神・ペケレチュプも、そのときに生まれた神である。
神によって創られたばかりの人間界は、深い霧に覆われていた。
そこでペケレチュプはマチネシリ(雄岳)から昇り、クンネチュプはピンネシリ(尻別岳)からクンネニシ(黒雲)に乗り、天から世界を照らした。
すると人間界の霧は晴れ、ペケレチュプが照らす『昼』と、クンネチュプが照らす『夜』が出来たのである。

怠け者に神罰を下す

アイヌの昔話には、仕事を怠けたり物を壊したりした少年や少女が、神罰として月の神に捕えられ、月に送られてしまう話がある。

文章:己未
挿絵:向日葵塚ひなた