アイヌ・琉球の神様

アイヌ・琉球の神様

アマミキヨ

アマミキヨ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yaoyorozu-amamikiyo----

【別名】
アマミク、アマミキュ、アマミチュー、阿摩美久、(奄美地方で)アマミコ、阿麻弥姑……など

【ご神徳】
五穀豊壌、子孫繁栄、王城守護など

【伝承地】
先島諸島を除く沖縄全土、奄美群島

【継続】
シネリキヨ(兄、夫)

【鎮座】
斎場御嶽(南城市)など沖縄各地の御嶽、アマミチューの墓(浜比嘉島)、阿麻弥姑神社(鹿児島県奄美市)

【解説】

琉球のはじまりを司る女神

かつて琉球国(王国)と称し、日本とは別の国であった沖縄。
その島々には大和文化圏とは別の神話が数多く語り継がれています。
琉球神話のうちの一つで、王国公認の始祖伝承の主役となっているのが、女神『アマミキヨ』です。
1650年に成立した琉球王国の歴史書『中山世鑑(ちゅうざんせいかん)』には、彼女の物語がおよそ次のように語られています。

遥か昔、天の城にいらっしゃる天帝がアマミキヨ(原文:阿摩美久)を呼び、
「この下に神の住むべき霊地がある。だが、まだ島の形になっていない。降って立派な島を作ってきなさい」
と命じられました。
アマミキヨが降ってみると確かに霊地になりそうな場所はあるものの、東西から波が押し寄せ、島にはなっていませんでした。
そこでアマミキヨは土や石、草木を天帝からいただき、多くの島々を作ります。
島が出来ると、次は森。そして神々をお祀りするための祭場(御嶽/うたき)もたくさん作りました。
神々のための立派な島が出来上がりましたが、数万年待てども、そこに住む人間は現れませんでした。
祭を行う人間がいなければ、神の力も発揮されません。
アマミキヨは天帝に「人の種をお授けください」と願い、天帝は自らの子である男女を下賜なさいました。
この天帝の娘が地上の風と結ばれて、3人の男児と2人の女児が生まれました。
長男が国王のはじめ、次男が各地の主導者のはじめ、三男が百姓のはじめ、長女が最高神官のはじめ、次女が神官のはじめとなって、この国は栄えていきました。

また、アマミキヨは人々のために天から五穀の種を賜ります。
特に米を大事に思い、自ら田を開墾して人々に稲作を教えました。

琉球の歌謡集『おもろさうし』(1531年~1623年の編纂)や『琉球神道記』(1605年成立)には『シネリキヨ(シネリク、シルミチューとも)』という男神が登場し、アマミキヨと夫婦となって子供をもうけたという物語が展開されています。
しかしいずれにしても開闢を司ったのは女神アマミキヨの方だという印象が強く、琉球では古から女性の地位が高かったそうです。
それを表すかのように、琉球の神官『ノロ(祝女)』は女性のみの役職となっています。

アマミキヨを拝する聖地

アマミキヨをはじめ琉球の神々は多くの場合、神社ではなく御嶽という聖地で祀られます。
御嶽は鬱蒼とした森であったり、岩窟の中であったりと、自然の中に築かれた祭場です。
この場でノロが儀式を通して神々を招き、五穀豊壌や子孫繁栄、国の安寧などを祈りました。
数々の御嶽の中で最も格が高いといわれる『斎場御嶽(せーふぁうたき)』は沖縄本島にあり、東の海5.3km先に浮かぶ久高島を望むことが出来ます。
久高島はアマミキヨが天から降り立ったとされる地。
アマミキヨの神威を最も強く迎えられるこの御嶽では、最高神官の就任式など、王国ための大事な儀式が行われたようです。

また、浜比嘉島には『アマミチューの墓』という霊場があり、こちらでもノロによる神祀りがなされます。

奄美開闢神話

琉球王国の一部であった奄美群島では、アマミキヨは『アマミコ』と呼ばれ、奄美の地名の元になったといわれます。
男神『シニレク』と共に地上へ降り立ち、群島と子供らを作る……と、沖縄と似たような神話ですが、こちらには女神の様子をより詳しく窺い知ることが出来る口伝があります。
アマミコの額には鬼の角のようなコブがあり、普段は布で隠していました。
女神に憧れる奄美の女たちがそれを真似して、白布を頭に巻く習慣が出来たのだそうです。
奄美での伝説ですが、実は沖縄のアマミキヨの子孫だという家にそれを裏付けるような史料が伝わっています。
それはアマミキヨの顔を模した面。古くからのものは戦争で焼失してしまいましたが、明治・大正期の記録により、角があることが確認されました。
(2009年には面の複製もなされました)
あくまで民間の伝承で一般的な女神像ではありませんが、アマミキヨ(アマミコ)について深く探る際の手掛かりになるかもしれません。

【挿絵解説】
琉球神話の女神ということで、琉球の民族衣装をモチーフに描きました。島に草や木を植えて国を創ったという内容をイメージしました。
【参考資料】
(文章参考)『中山世鑑』、『おもろさうし』、『琉球神話記』、沖縄民間伝承、奄美民間伝承
(挿絵参考)『をなり神の島』