今月の神様

狼

日本の神様辞典

やおよろずの神々をご紹介

日本には八百万の神様と言われるほど数多くの神様がいらっしゃいます。八百万とは単に800万の神様がいるという意味ではなく日本には無限に神様がいらっしゃるという意味です。

古事記や日本書紀など登場する神々、風土記や土着の神々、アイヌのカムイや琉球のマジムン、さらには妖怪まで日本人は信仰の対象としてきました。

神々は時に可愛らしく、時にたくましく、時にまがまがしく私達の生活のどこかにいらっしゃるのです。

  • 記紀の神様

    記紀とは古事記と日本書紀の総称。
    古事記や日本書紀に登場する神々は
    自然神から徐々に人に親しい神々に
    なられてゆく。
    一般的な神社に祀られている神々は殆どがこの記紀に登場する神々です。
  • アイヌ・琉球の神様

    アイヌと琉球にはそれぞれ独自の繁栄があったとはいえ、日本の信仰の心が根付いている。 特に琉球には琉球神道というものがあり、巫女教時代のおもかげを持っている
  • 民間信仰

    地方に根付く神々。
    日本はその土地土地によって異なる信仰を発展させてきました。
    同じ神様でもその土地によって違うということもしばしば有ります。
  • 妖怪信仰

    人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的なモノ。 人智を超える妖怪は何れ信仰対象になっていきました
  • 依り代・呪物

    森羅万象や神聖なものに神が宿る。 日本古来から続く日本信仰の原典となるのがこの依り代信仰です。
  • 特集

    メイキングや様々なジャンルから集めた神様の特集 現在、天狗特集を開催中!!

最新の神様

高雄内供奉(たかおないぐぶ)

新しい神様

高名な僧として知られる真済は、死後天狗として人々の目の前に姿を見せます。なぜそのようなことになったのでしょうか? そして、人間としての「真済」とはいったい何者だったのか?

  • アマミキヨ 琉球開闢の女神・アマミキヨ。琉球らしい神観念、女性観を表しています。 さて、その神話とお姿はどのような感じだったのでしょうか?
  • クンネチュプ(月神) 天地が創られたとき、たくさんの神々も生まれた。 月神・クンネチュプ、日神・ペケレチュプも、そのときに生まれた神である。
  • パヨカカムイ 絵本にも描かれた疫病の神 パヨカカムイについて。
  • キムンカムイ アイヌの人々から特別な敬意を持たれている、山の神ことキムンカムイ。その信仰はどのようにして行われていたのでしょうか。カムイと人々との関係性、イヨマンテの祭り、イラスト付きでご紹介します。
  • ミシャグジ 諏訪に根付く謎の神、ミシャグジ神についてイラスト付きで詳しくご紹介致します。縄文からの信仰が色濃く残ると言われるミシャグジ神。古事記や日本書紀にも出てくる天孫降臨のもう一つのお話とは・・・!
  • 蛭子(ヒルコ・エビス) 七福神・恵比寿は、親に捨てられた子だった!? 生い立ちから、恵比寿様が歩んできた道をイラスト付きでご紹介。
  • 穂高見命(ほたかみのみこと) 奥穂高岳に降臨され辺を開拓していかれたという穂高見命。 阿曇氏の祖神として広く知られており海神「大綿津見」の子供で海を司る神様です。
  • 諏訪大明神 諏訪の地で信仰されている諏訪大明神について、イラスト付きで詳しく解説いたします。
  • 座敷童子 住み着いた家に幸せをもたらすといわれる座敷童子。ところで、座敷童子は「妖怪」なのでしょうか? 神なのでしょうか? それとも…? 日本で有名な、その正体に迫ります。
  • 管狐(くだぎつね) 古くから人々に仕え、また時には厄をもたらす狐の妖怪。管狐をイラスト付きでご紹介します。
  • 鵺(ぬえ) 平安時代に夜な夜な現れ、天皇を悩ませていた妖怪「鵺」。異形の姿の怪物はどのようにして現れていたのでしょうか?イラストつきでご紹介いたします。
  • 酒呑童子(しゅてんどうじ) 大江山の鬼退治で知られる酒呑童子をイラスト付きで紹介。 都で悪事を働く酒呑童子は元々は美しき稚児でありました。
  • 草薙剣 日本神話の英雄たちが手にした神剣・草薙剣。須佐之男命から天照大御神、邇邇芸命、そして倭建命へ……。その足跡を追います。
  • 八咫鏡(やたのかがみ) 三種の神器の一つ八咫鏡。 現在は神宮内宮にお祀りされており「宝鏡奉殿の神勅」では天照大御神と同じように扱うようにと神勅が出されています。

神様辞典をご利用頂くに当たり

神様辞典をご利用頂くにあたっての注意事項

やおよろず 日本の神様辞典では、日本に古くから伝わってきた神様や妖怪、それらにまつわるものごとを幅広くご紹介いたします。

現代を生きるクリエイターが過去の文献を丁寧に紐解き、今の若い世代に伝わるように解説しました。

決して古くならない日本の文化を感じ取っていただければ幸いです。

挿絵や文章に関しましては全て当サイトのクリエイターが著作権を持っております。著作権法により無断転用を禁止してとさせていただきます。