今月の神様

狼

日本の神様辞典

やおよろずの神々をご紹介

日本には八百万の神様と言われるほど数多くの神様がいらっしゃいます。八百万とは単に800万の神様がいるという意味ではなく日本には無限に神様がいらっしゃるという意味です。

古事記や日本書紀など登場する神々、風土記や土着の神々、アイヌのカムイや琉球のマジムン、さらには妖怪まで日本人は信仰の対象としてきました。

神々は時に可愛らしく、時にたくましく、時にまがまがしく私達の生活のどこかにいらっしゃるのです。

  • 記紀の神様

    記紀とは古事記と日本書紀の総称。
    古事記や日本書紀に登場する神々は
    自然神から徐々に人に親しい神々に
    なられてゆく。
    一般的な神社に祀られている神々は殆どがこの記紀に登場する神々です。
  • アイヌ・琉球の神様

    アイヌと琉球にはそれぞれ独自の繁栄があったとはいえ、日本の信仰の心が根付いている。 特に琉球には琉球神道というものがあり、巫女教時代のおもかげを持っている
  • 民間信仰

    地方に根付く神々。
    日本はその土地土地によって異なる信仰を発展させてきました。
    同じ神様でもその土地によって違うということもしばしば有ります。
  • 妖怪信仰

    人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的なモノ。 人智を超える妖怪は何れ信仰対象になっていきました
  • 依り代・呪物

    森羅万象や神聖なものに神が宿る。 日本古来から続く日本信仰の原典となるのがこの依り代信仰です。
  • 特集

    メイキングや様々なジャンルから集めた神様の特集 現在、天狗特集を開催中!!

最新の神様

八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)

新しい神様

出雲の『国引き神話』をご存知ですか? 出雲独自の雄大な世界観を表す神様です。

  • 仁徳天皇 いにしえより「聖帝」として尊ばれている、仁徳天皇についてご紹介します。大阪では特になじみの深い神様です。
  • 豊玉姫命(とよたまひめ) 海の女神、豊玉姫をイラスト付きで紹介。神武天皇の父である鵜葺草葺不合命を出産された女神。大綿津見の娘であり綿津見の宮へとやってきた山幸彦と結ばれて無事に鵜葺草葺不合命を出産なさいますが・・・
  • ミサキ(御先) 動物の姿で現れる神様のお使い。突然襲ってくる体調不良。7人の集団亡霊。これらはぜんぶ「ミサキ」と言います。 霊的存在の総称「ミサキ」を詳しく紹介します。
  • 両面宿儺(りょうめんすくな) 頭が二つあり、手足が四本あったいわゆる異形といわれた両面宿儺。大和朝廷に敵対した豪族として描かれていますが、実は文字通りの「二つ目の顔」があります。
  • クンネチュプ(月神) 天地が創られたとき、たくさんの神々も生まれた。 月神・クンネチュプ、日神・ペケレチュプも、そのときに生まれた神である。
  • ペケレチュプ(日神) アイヌ神話の太陽の神ペケレチュプ。天地開闢にて、たくさんのカムイ(神)が生まれたのちに月の神クンネチュプとともに生まれた神です
  • チキサニカムイ アイヌの祖先・アイヌラックルを生んだ、ハルニレの美しい女神・チキサニカムイについて、イラスト付きで詳しく紹介いたします。
  • コタンカラカムイ 天地と人間を創り上げたアイヌの国造り神コタンカラカムイについてイラスト付きで紹介します。
  • 温羅(うら・おんら) 岡山に伝わる「温羅伝説」に登場する鬼王はただ単に悪い王ではなく、吉備にあるものをもたらしてくれました。温羅の姿をご紹介します。
  • 瀬織津姫命(せおりつひめ) 清らかな早川の織りなす瀬にいらっしゃる瀬織津姫。 6月末と12月末に行われる大祓神事であげられる大祓詞に登場する祓戸四神の一柱で山に降り注いだ罪や穢を清めながら海へ運ぶ神様として知られています。
  • アラハバキ 謎の神アラハバキをイラスト付きでご紹介。様々な説があるため、謎の神とも言われるアラハバキは、どのような神なのでしょうか。代表的な四つの説について見ていきます。
  • 崇徳天皇(すとくてんのう) 日本三大怨霊の一つとして数えられる崇徳天皇。天皇として、上皇としての人生と、その後なぜ怨霊として現在まで知られるようになったかを紐解いていきます。
  • 管狐(くだぎつね) 古くから人々に仕え、また時には厄をもたらす狐の妖怪。管狐をイラスト付きでご紹介します。
  • 座敷童子 住み着いた家に幸せをもたらすといわれる座敷童子。ところで、座敷童子は「妖怪」なのでしょうか? 神なのでしょうか? それとも…? 日本で有名な、その正体に迫ります。
  • 酒呑童子(しゅてんどうじ) 大江山の鬼退治で知られる酒呑童子をイラスト付きで紹介。 都で悪事を働く酒呑童子は元々は美しき稚児でありました。
  • 鵺(ぬえ) 平安時代に夜な夜な現れ、天皇を悩ませていた妖怪「鵺」。異形の姿の怪物はどのようにして現れていたのでしょうか?イラストつきでご紹介いたします。
  • 草薙剣 日本神話の英雄たちが手にした神剣・草薙剣。須佐之男命から天照大御神、邇邇芸命、そして倭建命へ……。その足跡を追います。
  • 三輪山 自然崇拝の原型を今に留める大神神社の御神体、三輪山。磐座信仰、神秘の三ツ鳥居、神話時代よりさらに遠い時代から信仰が息づく謎深い山について紹介します。
  • 八咫鏡(やたのかがみ) 三種の神器の一つ八咫鏡。 現在は神宮内宮にお祀りされており「宝鏡奉殿の神勅」では天照大御神と同じように扱うようにと神勅が出されています。

神様辞典をご利用頂くに当たり

神様辞典をご利用頂くにあたっての注意事項

やおよろず 日本の神様辞典では、日本に古くから伝わってきた神様や妖怪、それらにまつわるものごとを幅広くご紹介いたします。

現代を生きるクリエイターが過去の文献を丁寧に紐解き、今の若い世代に伝わるように解説しました。

決して古くならない日本の文化を感じ取っていただければ幸いです。

挿絵や文章に関しましては全て当サイトのクリエイターが著作権を持っております。著作権法により無断転用を禁止してとさせていただきます。